トワイライトを追う! 02

本日の話題も2題あります。一目は、「鉄タビ」から「トワイライトを追う!」の続きです。
 
さて、無事に島本駅に到着したのは、御昼前の1150分。下りのトワイライトエクスプレスは、大阪駅を同じ時刻に出発しています。普段なら、もうとっくに抜かれているのですが、何せ機関車牽引型の客車特急の典型な上に、列車登場時のコンセプトが、
「列車に乗って旅を楽しむ」
という、今までの寝台列車の発想とは異なるために、停車時間が長く設定されているので、非常にゆっくりと走っていると言う状況です。確か、新大阪駅には1分ほどつくのですが、新大阪駅には9分間停車。そこで、時間調整を行い後から来た「はるか」に追い抜かれると言う特色を持っているそうです。
 
その為に、撮影には十分時間がありました。そこで、さっそく撮影を開始です。
イメージ 9
まず、上り外側線に、2874両編成の「こうのとり」号回送編成が向日町駅の車庫に帰っていくところからスタートします。その直後に来たのは、
イメージ 10
イメージ 11
オリジナルの683系と6834000番台(通称「ヨンダーバード」)で編成された富山駅行きの特急サンダーバードです。お次は…。
イメージ 12
内側線ですが、223系2000番台V58編成と223系1000番台の野洲駅行き普通です。
その次に、外側線に登場したのは、
イメージ 13
イメージ 1
特急キラーと言われた2232000番台と1000番台を連結した野洲駅行き新快速でした。
さらに下りの外側線では、
イメージ 2
2231000番台W9編成と、2000番台(編成不明)で構成された播州赤穂駅行き新快速が通過。
そして、ついに札幌駅行きの特急「トワイライトエクスプレス」が入ってきます。
イメージ 3
いつか乗ってみたい列車です。
―おや、どうもどうも、ジェントルマンの精神を忘れない中年オヤジですw―
それはどうでもいいとして、
―今の聞き捨てなりませんぞ!―
あれれ、声が聞こえましたね。
イメージ 7
―いやですわぁ、そんなこと言いはったら…―
今度は、女性の声。まあ気にせず。
この「トワイライトエクスプレス」は、大阪駅寄りから1号車となっており、98号車はコンパートメントB寝台というグループ旅行にもってこいの車両です。
この画像だと、2両目と3両目がそれに当たります。
イメージ 4
続いては奥の3両になるのですが、7号車にB寝台2人個室(この画像の2両目)、65号車にはB寝台1人個室と2人個室を併設した車両が配置されており、
イメージ 5
4号車は展望ラウンジ車両、3号車はグランシャリオの食堂車です。
そしてお待ちかねは、
イメージ 6
この食堂車の後に続く、A寝台ロイヤル及びスイートの個室軍団です。
イメージ 8
そして、展望スイートです。
―それでは、北海道に行ってきます~♪―

なんだか、楽しそうですね。という事で、続いては上り列車の撮影に参ります。それは「03」にてお伝えします。

続きましては、臨時便です。それでは…。