鉄タビ「史上初」、団体オンパレード 08

本日の話題は、「鉄タビ(臨時便)」から、「鉄タビ『史上初』、団体オンパレード」の8回目に突入します。

大阪の鶴橋駅で、主役の「楽」と「あおぞら2」を待っておりましたところ、そのリクエストにこたえるように、鶴橋駅にゆっくりと入線そして、通過していきました。その画像をあますところなく掲載します。
イメージ 1
イメージ 2
何気に、「あおぞら2」の顔が、隠れております。
―どうも、「あおぞら2」です。ここに隠れております。―
そうしているうちに、大阪上本町駅側に吸い込まれました。
「楽」君のエスコートぶりは、どうかと言うと。
―いいエスコート役ですよ。私は、製造年こそ古いですが、団体運用の経験は彼の方が上です。私とは比べ物になりません。―
と言うそうです。
イメージ 3
その後を追いかけてきたのは、30000系の賢島駅午後1時5分発の大阪難波駅行き特急(乙特急)で、この後着た高安駅行き普通で、俊徳道駅に向かいました。
イメージ 4
すぐ出たところで、名張駅行き急行を撮影。その直後、
イメージ 5
―おまたせしました~。通りますよ~。―
と声が、実はこの後ろに…。
イメージ 6
―おら、今から仕事に行くでがんす。よろしくおねげしねがんす―
と言い、去っていきました。その直後、
イメージ 7
イメージ 8
大阪上本町駅を出発した回送列車が通過。

この後に八尾駅まで出て、先程の「あおぞら」塗装の「あおぞら2」を撮影しに移動を開始します。この後は、八尾駅での撮影と大阪難波駅まで、戻るのにどうしたのかについてです。

それは「09」に回します。最終回の「10」は、近鉄の団体列車雑談と言うショートコントみたいなもので〆させていただきます。

それでは。