七夕で廻ろう京阪と近鉄 ―仲良かったか? この二人― 04

本日の話題は、2本立てです。1本目は「鉄タビ」から、京阪と近鉄の撮影旅の4回目です。

さて、私は11時10分に中書島駅にいました。
イメージ 1
スイル氏に電話連絡を取ったところ、実は、スイル氏のグループが、
イメージ 2
13000系の宇治駅行き普通に乗り込んでいたというのがわかり、上り線ホームから下り線ホームと隣接する宇治線ホームへ、そこに停車していた車両に乗り込み、スイル氏と合流。
イメージ 5
この日の編成は、13004編成でした。実は、スイル氏を含め66氏、ひこぼし氏と、子供鉄氏、O氏などをメンバーとしていたのです。
イメージ 6
その5人が降りた場所は…。
イメージ 7
以前、中之島線と宇治線一人旅で訪れました六地蔵駅(前編後編)。そこで撮影します。
さて、早速列車が来ました。
イメージ 8
お目当ては、これです。といっても、13003編成が来たというだけとお考えかもしれませんが右下に、ヘッドマークがありますよね。
実はぶれておりますが、これは七夕限定ヘッドマークです。これをつけてきたのです。
その列車が停車しました。もちろん行き先は中書島駅です。
イメージ 9
そして、中書島駅からは10000系10001編成が到着。行き先は、少し変わっておりますが。中書島駅―宇治駅のシャトルと表記されております。
オリジナル塗装ではなくなったためか、7200系や9000系のスタイルに似ています。
イメージ 10
横顔は、まるで涼む美女ということでしょうか。
イメージ 11
13003編成とともに宇治線で運用されているようです。
さて、撮影後に枚方市駅に引き返すことになり、そのまま、中書島駅に戻ると、枚方市駅へUターン。
イメージ 12
イメージ 3
なんと、行きしなに乗った編成で、移動することに…、まさに偶然と言えばいいのかもしれません。

お昼を過ぎているために、このようなことになったのですが、枚方市駅まで20分ほどで到着することになりました。

さて、そのあと昼食となるのですが、ここで問題が発生。実は私含めてスルッと関西や切符組が多いことが分かり、切符を無料のフリーパスに交換しなければならない問う手続きが発生したのです。さらに昼食では、店舗をめぐって、意見が分かれるという騒ぎに…。

さて、珍道中はどこまで続くのでしょうか…。次回「05」はそんな話をいたします。

おまけ
イメージ 4
京アニショップは木幡駅すぐです(おいおい!)。

失礼いたしました。それでは。