難しいと思っては、やれません。

本日の話題は、「∟車両部(新近畿車両)」から報告です。

実は、こんなことをしております。
イメージ 1
イメージ 2
実は改良作業を進めているところです。
現在のところ、Mark3A型客車から…近中長距離都市間急行・快速用電車を開発中です。編成は利用客数の増減に合わせて、3両固定を基本としながらも、1等車両(付随)・2等車+ビュッフェ、2等車を連結するという方式をとります。

おもに、編成としては。次のようになります。

Mc+M'+Tc

これが基本です。編成例を3点挙げますと。

1:Mc+M'+Tc+Tc+Mc+M'+Ts+Ts+Trf+Mc+M'+Tc
2:Mc+M'+Tc+Mc+M'+Tc+Trf+Ts+Ts+Trf+Mc+M'+Tc
3:Mc+M'+Tc+Mc+M'+T+Ts+Ts+Trf+Mc+M'+Tc

となります。

どこかで見た編成に似てますよね。

1は「アルプス・こまがね」、2は「佐渡」、3は「まつしま・みやぎの」といった国鉄電車急行の全盛時代を、再現する予定です。ほかにも、別編成を考えている方は、急行列車のカタログなどで参考になさってみてください。

ということで、車両がロールアウト次第、アップいたします。

以上で報告を終わります。