あっ、暇ですね~ 10

イメージ 1
―それはそうと、いつまでいるのですか?―
イメージ 4―僕ですか? まだいますよ。このブログの最後まで、付き合わせていただきます。―
イメージ 1
―分かりました。では始めます。それでは、登場していただきたいと…。―
イメージ 2
―その前に、私からお知らせしたいのですが。―

1008編成君どうしました。
イメージ 2
―実は、先ほど5823さんが1641さんに連行されたそうです。本人曰く…―

イメージ 9
―この度は、誠に申し訳ございませんでした。腹切ってお詫び申し上げる次第です。―
―と、1641さんも…―
イメージ 2
―どうか、弟を許してやってください。誘惑に負けたので、こうなりましたが、本当はいいやつです。これからも温かく見守ってください。―
イメージ 2
―…ということだそうです。で、引き続き、1641さんには参加していただきます。―
イメージ 2
―では、すみませんでした。とりあえず戻りましょう。そういえば、小田急車両の話でしたね。―
イメージ 1
―そうです。その話です。では、対応車両に登場していただきましょう。―
イメージ 4
イメージ 5
―はじめまして~―(二人共)
イメージ 4―私は小田急5000型5010編成と申します。よろしくお願いします。―
イメージ 5
―同じく、5000型の弟分に当たる5200型5218編成と申します。―
イメージ 10
―お二人は、同じ形ですね。可愛いですね。―
イメージ 4
イメージ 5
―あっ、ありがとうございます♡―
イメージ 1
―やはり、松井田からは遠いですね先輩。―
イメージ 9
―セ、先輩?―
イメージ 2
―では、お三方のはこちら…実は、ナレーターから聞いたのですが、今回初登場です。―
イメージ 2
イメージ 3

イメージ 5
―ま、真ん中の帯が変わっただけですか?―

それだけではありません。これには想定していることがあります。それは…。
イメージ 4―それは?―

この車両は、新南海9600系と9620系、8800系として登録されております。想定では、大阪の中心部を貫通する「なにわ筋線」の専用車両して、開発したということになります。

実は9600系と9620系はセットで運用するために編成は一つずつとなっているのです。
イメージ 2
―すいません、ここで、時間です。―

次回に回しましょう。