梅田発>嵐山(太秦天神川・京阪三条・出町柳・八瀬遊園経由)>叡山根本中堂行きの旅 09

本日の話題は、2本あります。1本目は「鉄タビ」からです。

さて、私とS氏はどこにいたのかというと、
イメージ 1
宝ヶ池駅です。そして、そこから一気に、比叡山まで駆け上がります。さて、列車は、この線路をまっすぐ突き進み、八瀬遊園駅に向かいます。
イメージ 2
上り列車はデオ700型721号の出町柳駅行きです。
そのまま、列車は進み、京都市の北東の外れに当たる八瀬遊園駅へ、ここから北側に行けば、三千院と寂光院の大原に向かうことができます。列車を走らせて、約10分。
八瀬遊園駅に到着。
イメージ 3
ケーブルカー乗り場につきました。ところが…。ここで、ケーブルカーとロープウェーを使って、比叡山に登るのですが、この八瀬叡山ケーブルカー並びにロープウェーが、スルッと関西3デイチケットに対応していないことが分かり、840円の出費をする羽目に陥りました。
チケットを買ったあと、すぐさま乗り込むかと思いきや。その場所に猫がいたので、見ていたら、嫌気がさしたのか。
イメージ 4
―なんでやねん!―
と言ってそっぽを向いてしまうことに、それで、後ろ姿を撮影してから乗ることに。
イメージ 5
イメージ 6
早速、後ろ姿と、社内を撮影。
発車する様子を動画にとっておりますので、ご覧ください。
別紙☛
そして、ケーブルカーで一山を上りきったのはいいのですが…。次の山―比叡山山頂ということですが、比叡山山頂まではロープウェーに乗り換えます。と、その前に。
イメージ 7
中腹といえばいいかもしれませんが、京都市内をファインダーに収めました。この画像で写っているのが、左京区宝ヶ池という地域です。
イメージ 8
そして、次の画像が、岩倉です。実は、その先に小さなグラウンドが見えているのですが、そこが、佛教大学の岩倉グラウンドと呼ばれる施設です。
イメージ 9
さて、目指す場所は、この奥に見えている駅です。ここが比叡山山頂駅です。

と言う事で、「09」からは、比叡山の中に入っていきます。お楽しみに。