あっ、暇ですね~ 13

イメージ 2
―それでは、この記事も(何回続いているのか指折り数えているけど、長くなったね)13回目に突入します。―
イメージ 1
―小田急ですが、まだ第3弾に入っていないですね。ナレーターさんの間違いでしょうね。―

そうでした。申し訳ございませんm(_ _)m。

イメージ 3
―さてさて、そういえば、ナレーターが話していたのですが、小田急線には、もうひとつの車両があると聞いておりますけれど、だれですか?―
イメージ 1
―すいません、それは俺のことです。はじめまして、俺は相模の荒くれ野郎こと、3000型3473編成と申しやんす!―
イメージ 5
―かっ、気質?―
イメージ 2
―そ、それでは…、どういう画像が来たのか見てみましょう。―
イメージ 2
イメージ 3
こちらです。実はこちらは、新南海本線と新南海紀ノ川線に使うことになりそうです。
イメージ 1
―確かに、帯の色だけオレンジと、水色で塗り固めておりやすが、特徴は出ておりやすなぁ。嬉しい限りでやんす!―
それはそうと、つっぱりですか。
イメージ 5
―それより、3473くん、怖がっているじゃない。―
イメージ 1
―これは、姉御、ご無沙汰しておりやす。―
イメージ 5
―だから、そういう言葉遣いはやめなさい。伝説のお方もおられるのですから。―
―気になさらないでください。私も、このような人たちが来てくれるのが嬉しいのですから。―
イメージ 1
―伝説の方とは、まさか…、あのひ孫様がお生まれになった。あの家の…?―
イメージ 4
ええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
イメージ 5
―そういうこと。―
イメージ 4
―………―
イメージ 4―そりゃ、そうなるよ。―
イメージ 1
―その通りですね。というより質問ですが、この車両編成には6と4の他、8両固定編成というのがありますね。これにはどう言う意味が…。―

それは、新南海本線でも使用可能なように8両が組めることを考慮して、設計したので、8両固定と2両編成を連結することで10両編成とするという考えで作ってみただけです。ただ、不評なら6+4の編成を採用するという考え方をしております。

イメージ 1
―そういうことですね。ところで、形式名は決まったのですか。―

ええ、紀ノ川線には3650系を当てることが前々から定まっていて、南海本線は9000系9050編成として活躍すると考えられます。

イメージ 5
―確かに、直通列車を貫通扉型の編成で運用するのは望ましいですが、高野線にも投入してみてもよろしいのでは?―

それも考えております。もしかしたら、9060編成あたりから、高野線に投入するということも考えているところです。

イメージ 1
―そうですか。かなり楽しみですね。―

確かにその通りですね。

イメージ 3
―そういえば、僕の担当している3400系も好評なら9050系(60番を名乗れるのかどうか)と組めるかもしれませんね。―
イメージ 5
―まあ、それはナレーターの考え次第だよ。―

その通りですね。
イメージ 2
―ありがとうございました。それでは、ここで第4弾、これでようやく入れますね。―
続く。