秋の京都へ 淀屋橋発の祇園四条駅経由平安神宮駅行き 02

本日の話題は2本あります。1本目は「鉄タビ」からです。

8000系8001編成出町柳駅行き特急は、守口市駅を通過した後、門真市駅を通過中です。
イメージ 1
7000系7001編成中之島駅行き普通、実はこの車両は昨日に紹介した6000系(2枚ありますが、最後の画像とその前の画像がそれです)の妹分に当たります。
ただ、制御機器がこの当時導入されたVVVFインバーター制御装置と呼ばれるものを乗せているのです。
イメージ 2
同じ世代として、他社の車両を紹介しておくと該当する車両は4系列存在します。1つ目は、南海2000系、
イメージ 7
2つ目は、近鉄1420系1421編成(もとは1250系)、
イメージ 8
3つ目が阪急8000系、
イメージ 9
最後が阪神9000系です。
実際には、この車両たちは昭和50年代後半から、平成年間にかけて登場した車両たちばかりです。
さて、列車は、門真市駅からさらに東へ、
イメージ 10
2200系2204編成淀屋橋駅行き準急が、飛び込んできました。かなりぼやけておりますが、これで良しとしましょう。
さて、列車は萱島駅を通過、複々線区間に別れを告げました。寝屋川市駅を通過後も、スピードを落とさず。走り抜けておりました。その前に、
イメージ 11
8000系8010編成淀屋橋駅行き特急が飛び込んできました。場所は、萱島駅と寝屋川市駅のあいだです。
ちなみに、萱島駅は、萱島神社の真上に駅があるという構造を持っており、御神木を守るように、開業した駅として有名です。寝屋川市駅を過ぎて、地上区間に突入。
イメージ 12
香里園駅を通過中に6000系の6002編成淀屋橋駅行き急行を撮影、この香里園駅は、成田山新勝寺の大阪別院の最寄駅です。
イメージ 13
6000系6008編成の淀屋橋駅行き特急、つまり「一般特急」です。そう、この日は6005編成と6008編成が「一般特急」運用についているよいうことです。
香里園駅から光善寺駅近くで撮影したものです。
イメージ 14
続いては、枚方公園駅で撮影した2400系2414編成淀屋橋駅行き準急が飛び込んできました。
枚方公園駅を過ぎて、午前10時10分に枚方市駅に到着。
イメージ 3
枚方市駅を30秒後に出発すると、樟葉駅に向かいます。枚方市駅からすぐの御殿山駅で、
イメージ 4
今度は9000系9002編成淀屋橋駅行き特急、「一般特急」が飛び込んできました。
これで、6000系は2編成。9000系は1編成…ではなく、実は中書島駅で出会うのですが、2編成運用されていることがわかりました。
イメージ 6
続いては、9000系9003編成淀屋橋駅行き急行です。さて列車は樟葉駅に到着します。
イメージ 5
そこからは「03」に移ります。

さて、「03」では、ついに京都に入ります。しかし、「一般特急」の悪夢(?)はまだ続きます。お楽しみに。