秋の京都へ 淀屋橋発の祇園四条経由平安神宮行き 15

本日の話題の2本目は、…2本目も「鉄タビ」です。秋の京都旅の「15回目」に突入します。
イメージ 1
東神苑を歩きながらも、時間がどれぐらい残っているのか、まだまだわかりませんでした。そろそろ、帰る時間も気になってくる。そんな中で、歩きながらも携帯電話の時計が気になってきたのです。
イメージ 7
欄干からの風景も、美しいですね。
イメージ 8
なんと、かもがいたのですが、これはどアップでトリミングした画像です。後ろ姿ですが、なんだかほのぼのとしますね。
イメージ 9
そして、対岸に渡ると松ノ木の大木がありました。この幹は珍しいですね。大きいですね。
イメージ 10
貴賓館ですがここは、まさに綺麗な場所でした。すべての「神苑」から出てきた時、この場所は、まさに神に守られた場所であったことに気づきました。
イメージ 11
さて、本殿にてお参りしたあとですが、おみくじをひこうと思い、二人で引いてみました。
イメージ 12
ここではなく、門の前で引いてきたのです。そして…私と友達の番号は連番。しかし、ともに…。ここでやめておきましょう。
イメージ 13
そして、「平安神宮」をあとにして、祇園四条駅に戻ることにしました。その前に、民家風のコンビニです。コンビニエンスストアなのですが、いつもと違いますよね。
実は、京都市には「京都景観条例」という法令があり、寺社の多い京都、奈良などがありますが、面白いですよ。
例えば、普段派手な色使いをするファストフード店が、京都では少し落ち着いた茶色の色で(あの「M」です)店を出していたり…。
そういったところで、規制がなされているそうです。
さて、祇園四条駅に向かって歩く途中の、たまたま入った八坂神社近くのお土産を売る店先で、
イメージ 2
少し珍しいのですが、「おたべ」が売り出しているお菓子、「京町家ケーキ」を購入しました。実は、友達にも同じものを買ってあげました。食べてみて、美味しかった印象があったことを覚えております。
イメージ 3
この出来事の前に、坂本龍馬とお龍の新婚時代の家跡が残っていて、その石碑を撮影してきたのです。おそらく、二人が道案内してくださったのかと私には思います。

さて、お土産を購入した私たちは、そのあと、大阪に向かいます。
イメージ 4
しかし、「一般特急」の悪夢は…というのは冗談で、このあと、とんでもない事態に遭遇するのです。それは後ほど…と言うことで、明日に「16」を記載いたします。

それでは、おまけ。
イメージ 6
「なんだこれ」と思われますが、実はこの車両は、現在こんな姿になっております。
イメージ 5
そう、京阪1000系です。車両誕生から3度の改造を経て、現在に至っております。これは上の写真は、2代目の姿だそうです。
(写真上:1000系1001編成淀屋橋駅行き急行、写真下:1000系1504編成{元1004編成}出町柳駅行き準急{8月14日撮影})
それでは次回をお楽しみに。