近鉄鉄道フェス2013 ―レールゴーレール― 07

本日の話題は、2本あります。1本目は「鉄タビ」からです。
イメージ 1
さて、会場内を移動して、「あなたが車掌!」という車掌業務体験コーナーに来たのですが、時刻は午後12時を回っておりました。実は、最近の博物館では、このように仕事をバーチャルで体験できるという傾向が強くなってきております。私が、2年ほど博物館学芸員課程を学習していた頃から、そういった傾向が強くなってきていて、現在ではJR東海の「リニア鉄道館」が、その際たる例として有名です。
歴史でも、そういう傾向が有り、大阪市内の大阪歴史博物館でも遺物(遺跡から出土する証拠品のようなものをさします)を掘ることができるブースが設けられております。
こういった傾向は、今後も続くでしょう。
イメージ 2
さて、私とS氏がその中に入ったのですが、子供たちが初めてなので緊張したのか、おとぼけのアナウンスをしていたのが、可愛いと感じる一幕もありました。で、私の場合はどうだったのか、昨年では「奈良駅先発京都駅行き{高の原駅、新田辺駅停車版}快速急行」で、大失敗しましたから、ある意味真面目といいますか、それで挑戦しました。
テーマは、名古屋線の架空種別で、「近鉄名古屋駅午前8時22分始発の鳥羽駅にて伊勢中川駅先発賢島駅行き普通連結。賢島駅行き快速急行」(長いなぁ)というアナウンスをかけてみました。全部おかけします。
イメージ 3
「本日は、近鉄電車をご利用くださいましてありがとうございます。当電車は、名古屋駅午前8時22分発、鳥羽駅方面賢島駅行き快速急行です。途中の停車駅は桑名、四日市、塩浜、伊勢若松、白子、津、津新町、久居、伊勢中川、松阪、伊勢市、宇治山田、宇治山田から終点賢島まで各駅に止まります。途中の鳥羽駅で6両編成のうち前方4両編成を切り離します。あとの2両編成は、伊勢中川先発午前9時22分の賢島駅行き普通を後部に連結します。賢島駅到着は午前11時7分到着予定です。名古屋、賢島間は3時間程かかかります。次の停車駅は桑名、桑名です。桑名で養老鉄道にお乗り換えのお客様は、4番線ホームにお越し下さい。本日は、近鉄電車をご利用くださいましてありがとうございます。」
イメージ 4
ということです。
実際にはどうかというと。

1.Tc1-M1-T1-Mc1+Tc-Mc
2.Tc1-M1-M2-Tc2+Tc-Mc

1.は1620・2430・2610・2800・5800系で運用。2.は1400・5200系これに1220・1230・1420・1430・1810・2410系が連結されるという具合です。
そこに、Tc-Mcが連結されて来ることになりましましょうか。

と言うことで、次のコーナーに進みます。
イメージ 5
と言うことで、次のコーナーに向かいます。
イメージ 6
そのあいだに、この車両を撮影しました。21000系です。

と言うことで、次回「08」は、車庫のないのご紹介となります。お楽しみに。それでは(といっても、数時間後に取り掛かりますけどね{w})。