18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 02

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から、昨夜より開始したのですが「18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯―」の2回目です。

イメージ 1
さて、大阪難波駅から奈良駅行き区間準急に乗り込んだ私ですが、その合間に、
イメージ 2
11時5分大阪難波駅先発の賢島駅行き特急(乙特急)運用につく伊勢志摩ライナーを撮影しました。ちょうどスポーツ新聞を熟読するおじさんの帽子がかぶっておりますが、それはご愛嬌で。
イメージ 3
鶴橋駅に到着し、9720編成を見送って、鶴橋駅からの大阪線の列車を待ちます。普通は早い時間帯に出ていたら…。
イメージ 4
10時17分発の「宇治急」こと1021列車宇治山田駅行き急行(今は五十鈴川駅に伸びてます)に乗れるのですが、今回は30分遅く出たために、該当する列車がない状態なので、
イメージ 5
10時43分鶴橋駅を出る榛原駅行き区間準急で、一旦河内国分駅まで行って、青山町駅行き急行に乗り継いで、大和八木駅まで行くことになりました。
さて出発したのも束の間、
イメージ 6
イメージ 7
名古屋駅8時30分発の22600系2265X編成と、30000系3020X編成による大阪難波駅行き特急(乙特急)を捉えました。ビスタカーの方は、ドアスレスレで撮れたので、なんとか収まった感じです。
イメージ 8
列車は鶴橋駅を出ると、布施駅と八尾駅から終点まで各駅に止まる感じです。
今里駅では奈良線三宮駅行き快速急行快速急行)が通過。撮影隊も同時に撮影。何を待っているのか気になるところです。
イメージ 9
布施駅手前では5800系580X編成の尼崎駅行き区間準急を撮影しました。さて、布施駅から奈良線に別れを告げます。

というところで、