ブログ開設4周年企画 シリーズ2 特急でどこまでいったか?

イメージ 1
―そういえば、ナレーターさんに質問したいのですが、特急列車でどこまでいったのですか?―

そうですね。私は、昼間の特急「白鳥」で羽後本荘駅まで行ったことがありますよ。ちなみに、この車両で、
イメージ 2
イメージ 3
―って、これは「雷鳥」ですよ!―

いやいや、実は…。この列車も関係している話がありまして…。
私が、3歳になった頃、寝台列車の切符をとることができなかったのか、私は当時の新潟駅行きL特急「雷鳥」号に乗り込みました。
確か、当時の新潟駅行きは、大阪駅発午前7時35分の「3号」、午前11時35分の「15号」、午後2時35分の「25号」となっておりました。
確か「3号」ではなく、「15号」だったのではないかと思います。当時から考えると、かなり暴れたのではないでしょうか。
イメージ 1
―子を持つ親は辛いということですか…。―

いやいや、それは、どこでも当たり前ですよ。程度が違うだけ…。
イメージ 3
―それはそうと…、特急でどこまでいったのですか?―
イメージ 4
―懐かしいですね。上の写真って、10年以上も前のものですよ。―
イメージ 3
―485リニュさん。人の話に割って入らないでくださいよ!―

まあまあ、それより質問に答えます。
実は、大阪駅と羽後本荘駅までしか行かなかったのですよ。それより長い距離を特急で揺られたことはないですし…。

イメージ 3
―え? では、短距離だとしたら?ー

名古屋には新幹線を利用したことがあります。しかも就職活動中に…。

イメージ 3
―なんの会社でしたか?―

確かパチンコの…。
イメージ 3
―やめときなはれ!―

えっ? 

イメージ 1
―先輩、話の腰をおるようですが、今の話は、旅での話ですよ。人生論を語っている場ではないはず…(ーー;)―
イメージ 3
―あっ、そうだった。すいません。―

そういえば、特急(座席指定)を運転する鉄道会社の列車では、近鉄のあの旅で、名阪乙特急に乗ったことがありますよ。
イメージ 3
―それって…。―
イメージ 5
―おそらく僕ですね。―

多分ですね。
イメージ 5―しかし、知りませんでしたよ。長距離特急に乗っていたのですよね。大変だったのではないのですか?―

おそらく、母が…。
イメージ 5―何事も感謝ですな。―

そうですね。