18400系ラストラン! ―40年を駆け抜けたある車両の生涯― 22

イメージ 1
ーさて、この話も22回目に突入したのですが、さて、1990年代に入ってから、「あおぞら」20100系が引退したあとに、団体車両をどうしたのかについてです。ー
イメージ 2
ー実は、近鉄は「あおぞら」のかわりに、特急車両、急行用の2600系、2610系、5800系、5820系などで団体運用をまかなっておりました。しかし、それでは、専用車両はどうしたのか、実は作っております。平成2(1990)年に20000系「楽」を完成させました。実は、この「楽」、とんでもない車両となりました。何がとんでもないのかといいますと…ー
イメージ 3
イメージ 4
ーえっ、これはどういう状態?ー
イメージ 5ー前の車両は「楽」ですよね。後ろは…?ー
イメージ 6ー私たちの12200系系列を改造した15200系ですが、この「あおぞら」は幌付き、「楽」は幌がないのです。ー
イメージ 7ーえっ? 幌がないのに連結? その他についてはどうするのです? これでは、連結するときはどうするのです?ー
イメージ 1
ーそう思いますよね。実は、連結したときにどうするのか…、この写真で説明します。ー
イメージ 8
イメージ 1
ー実は、この前にある板を、外すと、幌受けが出てきます。それは先頭車にはこのシステムが搭載されております。ということは、どちらでも連結は可能です。ー
イメージ 5
ーしかし、それだけでは、運用面で無理でしょう?ー
イメージ 6
ーだからこそ、18200系で置き換えを図る上に、団体経験もあった18409編成にオファーをかけたのです。ー
イメージ 2
ーだからこそ、私が、「あおぞら」の一員として、運転を始めたのですが。やはり、18200系先輩は年齢に勝てなかったので、12200系にオファーをかけて、こうなったのです。ー
イメージ 1
ーその姿が、この姿です。ー
イメージ 10
イメージ 9
ー印象が変わりますね。爽やかさを彷彿とさせますね。ー
イメージ 2
ーしかし、それとは裏腹に、団体車両としては、スペースの狭さなどが災いし、引退していく仲間たちも多かったのは事実です。そして、営業車両で残っていた仲間も、平成12(2000)年に引退したので、この形で残ったのは私だけとなったのです。ー
イメージ 11ー大変だったのですね。一人で寂しかったのではないでしょうか?ー
イメージ 2
ーまあ、そういえばそうですが、「楽」くんの先輩として、運用の手ほどきみたいなことをしておりましたよ。まあ、新人研修といったところですね。ー
イメージ 1
ーそれでは、続きは次回となります。皆様お楽しみに。ー