祝! 西山天王山駅開業! 09(すみません。本日から再開)

本日の話題の2本目として、予告を度返しして、「鉄タビ」シリーズを再開します。
お昼の記事とは矛盾してしまいました。申し訳ございませんでした。

「鉄タビ」シリーズは、昨年21日の阪急電鉄西山天王山駅開業のお話の9回目です。
イメージ 1
開業式典が終わった直後、京阪600系603号の撮影会に参加するため、私とS氏は、先に出発した66氏の後を追いかけ、急遽、阪急3300系の河原町駅行き準急と、9300系の河原町駅行き特急を乗り継ぎ、四条烏丸駅を目指すことになりました。
イメージ 2
この時の担当した車両が3309編成です。実際言うと、この他にも乗客が乗っており、その目当ては。
イメージ 3
この9307編成の臨時列車を追っているとのことだったようです。しかし、私たちは、とにもかくにも、その列車には目も呉れず、次の特急を待つために桂駅で乗り換えることになりました。
イメージ 4実は、阪急電鉄もここ最近、立体交差工事に取り組んでいるようで、桂駅の一つ手前にある洛西口駅も高架工事を進めているようです。実は、この洛西口駅は、もともとから高架にしようという前提で建設された駅で、私が大学の2回生となった平成15(2003)年に駅が開設されたのです。…ということは、ここでお気づきの方もおられるはずですが、摂津市駅(平成20{2008}年開業)も含めて、10年間に3駅が新たに開業しているということになるわけです。
イメージ 5さて、桂駅で乗り換えるのに時間が有り、上り列車を撮影しておりますと、高槻市まで乗せて行ってくださった9300系9300編成が、再び梅田駅向かう特急として、桂駅に滑り込んできました。
イメージ 6
一方、河原町駅行きは9305編成LED幕が特徴の車両に乗り込みます。実は、9300系のアイコンが出てきたのですが、お婆さんが知らずにレンズの方向に顔を向けていたので、隠しております。
さて、9300系9305編成で烏丸駅まで揺られ。
イメージ 7
近鉄3200系3707編成の国際会館前駅行きでひと駅上がって、そこから、京都市営地下鉄東西線烏丸御池駅より京都市役所前駅を経由して、浜大津駅に向かう京阪800型にのりこみます。

それッでは、「10」に参りましょう。と言いましても、1日あけまして、1月3日に連載致します。それでは。