もしかして、自分の祖先が…?

本日の話題の2本目は、久方ぶりに「自伝」です。本日から始まった大河ドラマ『軍師官兵衛』についてですが、実は、その中で出てくる「小寺」という苗字について、お話します。

「小寺」という名前は、もともと、関西の播磨に多いと言われています。「その小寺とはなんだ。」と言われるのですが、小寺が多いのは単に、守護大名の名乗った苗字にあやかってというのが自然とされております。
ところが、『新平家物語』を著した吉川英治氏は、平安時代の頃から「小寺」という苗字が存在していたと言う含みを持たせる描写を作中に残しております。
これは、私の父方の祖父の弟、父から見れば叔父にあたり、わたくしからは大叔父にあたるのですが、地元誌を研究していた彼が指摘しているのは、その作中に出てくる「小寺某」という人物が、天皇(当時で考えると白河院以降から後白河院までと考えられます)の殺害を計画していたために、捉えられるのを恐れて東北に逃亡したとされていることです。
ただ、問題なのは、その証拠が書籍一本だけであるために、確証が取れないということにあります。最も、別の書籍(史料)でも、その事実が出てきたらその可能性が少しだけですが、上がるかもしれません。

さて、その小寺ですが、実は、今回の大河ドラマでも、登場してきます。しかし、その大名はだめ殿というような感じです。

と言うことで、これからの『軍師官兵衛』は、そういう形で見ていきたいと思います。

それでは。