祝! 西山天王山駅開業! 14

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」から「祝! 西山天王山駅開業!」の第14回となります。

その前に、動画をアップします。それでお楽しみください。
近江神宮前駅の錦織車庫にいたのですが、この撮影の後に、雨脚が強くなってきまして、至急浜大津駅に引き返し、近くの商業施設「浜大津アーカス」に戻りました。
実際に言えば、その合間に、66氏たちが、なんとなくですが、石山寺駅まで行ったようです。
イメージ 1
とにかく、時間も押していることですので京都方面にもどる列車に乗り込みました。メンバーのひとりスカイプ8200氏は、開業後の駅を見るために、西山天王山駅に向かい。
スカイプ8200氏を除いた一行で、京都市内の四条東洞院地区のマクドで、休憩を取ることになりました。
この間は、600型の画像で、お楽しみください。
イメージ 2
画像をアップしすぎたのですが、前の幕がはっきりと見えますね。
イメージ 3
次は、試運転幕を掲げておりますが、下に注目、「教」です。確か阪神電車にこの標識だったようなという記憶がありますが、記憶違いかもしれません。情報を持っております方は、コメント欄に気軽に書いてみてください。
イメージ 4
これも同じですね。先程は「テッピー」をつけておりましたが、これは「テッピー」のない状態です。
イメージ 5続いては、急行サボを装備した603号編成。斜め下からとったのですが、これはこれで、面白いですね。続いては準急幕のアレですが。
イメージ 6
サービスで、青空とともに撮ってみました。なんか清々しい姿のような気がしますね。
イメージ 7
さて、最後の表示板は、京津線では見られないものですが、平成元(1989)年開通の鴨東線開業の表示板です。まさか、この場面で登場するとは…。貴重ですね。しかも表示は、三条駅行き準急と書かれております。

まあ、そんなこんなで、66氏を含めた2名(66氏以外は、ひこぼし氏)が遅めの昼食をとっていて、私たちは初詣の話をしていたのですが、伊勢路は遠くなると考えて、予算内では橿原神宮までが限界と考えておりましたが、人出が多いと判断するしかなくなり、結局は吉野への旅(1月2日)が一番ベストだということで、父親とともに、吉野の初詣に行くことになったのです。この時点では、伊勢路旅もまだ可能性としては残していたのですが…。結果的に話し合いでは、難しいとなってしまいました。

と言うことで、「15」では、帰りについてお話します。それでは。