阪急1000系インプレッション 13

イメージ 1
(HkO1028F)それはそうと、君たちは私あから数えると何世代後になるの?
イメージ 2(Hk7015F)おそらく、僕から数えて2代後ですね、たぶん4代後になりますよ。
イメージ 3(Kt5723F)しかし、僕たちと同じ世代では、関西圏では、阪急では9000,9300系、阪神では1000系、京阪では3000系、南海では新8000系といった世代です。私の所属する近鉄では、なんと5種類あって、私と私の相方9020系、京都市営乗り入れの3220系、通勤オンリー且つ6両の9820系がいます。
イメージ 5(Kt1641F)だから、1000系は一番若くなってきます。当然ながらですが。

イメージ 6(Hk1000F)実は、私が最新の車両といえますが、1010系先輩がた私鉄ではだれと同じ世代になります?
イメージ 7(Hk1001F)聞きたいですよ。
イメージ 4(Kt12256F)確か、1950年代後半だから、近鉄では「ビスタ1世」先輩と「ビスタ2世先輩」、通勤車両では「ラビットカー」、1480系などが有名です。南海では、21001系とか11001系、京阪では1810系、2000系、阪神では、5000系ジェットカーくらいですね。
イメージ 8(Nk12002F)そういうことになると、1028Fさんがいかに偉大か、分かるような気がしますね。
(N)実は、旧と付けさせていただいて申し訳ないのですが、1010系は神戸線だけに開発された専用車両で、実はこの時は、宝塚線と京都線は別々の車両が運用されていたのですよね。
イメージ 2(Hk7015F)ま、まさか…。
(N)はい、無理を承知で足を運んでもらいました。
イメージ 9(Hk1000F&1001F)…?
イメージ 1(HkO1028F)おおおお! 1156Fに1030F久しぶりだなぁ! それより1300の代表者は?
イメージ 10(HkO1156F)そうそう、1301Fが来るようだぞ。
イメージ 11(HkO1301F)久しぶりだなぁ。どうしていた? この子達は?
イメージ 1
(HkO1028F)色々と事情があってね。
イメージ 12(HkO1030F)まさか、再開できるとは思いませんでしたよ。同期入社が一度に揃ったの初めてですから。
イメージ 6(Hk1000F)あのー、先輩…。一つ聞きたいのですが、先輩の世代って、それぞれの路線に専用車両があるのですか?
イメージ 10(HkO1156F)むしろ君たちのほうが珍しいのではないかなぁ。2路線で共通の車体を利用するというのは。
イメージ 3(Kt5723F)確かに、大規模な路線を運営する鉄道会社では、そういったものが多いですよ。たとえば、共通化されはしたものの、線路の幅が違う場合、どうしても分けることは珍しくなく、私の先輩に当たる1641Fさんの仲間1620系以外に、2両編成だったり、内臓構造の異なる場合は別の形式として扱うことがあります。
イメージ 5(Kt1641F)たとえば、京都・奈良線系統では1230系と1020系、1026系の3タイプ、大阪線が1430系、1620系、1641系{つまり私}に分けられます。
(N)ゆえに、共通使用できる車両というのは、珍しいということになるわけです。
イメージ 5
(Hs1208F)ほかには、特急・急行用と普通ようにわけてしまうところもあります。特に近鉄と南海では特急専用車両が作られておりますが、私の所属する阪神電鉄では、普通車両と、急行車両を分けているのです。
イメージ 10(HkO1156F)ゆえに、路線だけでなく、運用用途に分けていくということもやっているということで、列車のバリエーションが生まれるというわけですわ。
イメージ 6(Hk1000F)僕たちも、そうなりますか?
イメージ 2(Hk7015F)そうなると思うよ。
イメージ 3(Kt5723F)それでは、次回「14」で続きを、お楽しみください。