桜咲く? 吉野のめぐる初詣タビ 23

(N)本日の話題は、2本あります。最初の記事は…昨日から書庫が変わり「鉄タビ(臨時便)」となった「桜咲く? 吉野のめぐる初詣タビ」の23回…、今回は対話形式になっていきます。

イメージ 1(Kt5723F)ナレーターさん、こんにちわ。今回も僕たち近鉄が主役でしたね。一昨日は阪急で、今回まで僕たちが主役となっておりましたね。
イメージ 2(Kt22651F)どうも、久しぶりに登場しました。本日は、僕の仲間が案内人になっていたようですね。お世話になりました。
イメージ 3
(Kt16602F)僕が案内したわけではないのですが、ナレーター…。
(N)どうも巷ではそうらしいよ。
イメージ 3(Kt16602F)嘘でしょ…。

イメージ 4
(Kt1641F)まあまあ、実質ナレーターが案内していたのですから。ここでいいではないですか。
(N)すいません。おんに来ます。
イメージ 5(Nk12002F)そういえば、今回は特急車両でしたが、近鉄は結構、通勤車両も結構分かれておりますね。
イメージ 6
(?)私と手相ですよ。路線によって変化してしまうからです。
イメージ 7
(?)まあ、様々な要素が絡み合います。大井な部分は2つありますね。一つは、路線の軌道幅、もう一つは、路線のかかる人口比ですね。
イメージ 8
(Hk1000F&1001F)どうも、私たち阪急1000系と申します。はじめまして。よろしくお願いします。顔が同じなので、誰が誰なのかわからないですね。
(N)まあ、正面から見ると、違いがわからないですよね。
イメージ 5(Nk12002F)はっきりしているのが、どれも同じ顔でありながら、それぞれ特性がはっきりしていることですよね。
イメージ 9(Kt1641F&1029F&6625F)えっ?
(N)確かに、路線によっては、性格が変わりますからね。
イメージ 8
(Hk1000F&1001F)ところで、ナレーターさんは途中の橿原神宮前駅まで行ったのですよね。
(N)今度は、その度を、6回にわたって話すのですが。まあ、そこで出てくるのが、近鉄車両の複雑さですね。これが、近鉄が好きな私の魅力かもしれません。
イメージ 7
(Kt6625F)そうですね。それでは、僕たちの画像も出ますので、お楽しみ…。それでは「24」に向かいます。