桜咲く? 吉野のめぐる初詣タビ 26

(N)さて、本日の最初の記事は「鉄タビ(臨時便)」より始めます。タイトルは、「桜咲く? 吉野のめぐる初詣タビ」の26回です。

イメージ 1
(Kt6051F)さて、今度は僕ですね。それと6000系先輩も登場しますよ。
(N)さて、6800系を投入し、通勤車両の近代化を推し進めた近鉄、奈良線では900系や、8000系が登場し、大阪線では1480系などの系列が採用されていきました。それにおいて、南大阪線ではラビットカーの第2弾として、ある車両が登場します。
イメージ 2
(Kt1029F)それが、6900系という名前を名乗ったのです。しかし、のちに形式番号の変更が行われ6000系と名乗りました。この編成は変わった車両でもあったのですよ。それでは6422F君、引き継ぎシルブプレ。
イメージ 3
(Kt6422F)ちょっと! 何を言っているのですかあなたの大先輩でもあるのですよ!
イメージ 2
(Kt1029F)確かに、デザインでは6800系からの流れは汲むけれど、私の直接の先輩は900系、8000系先輩となるので、考えれば先輩とはいえども、詳しくは知らないところがあるのですよ。私に振られると…困ってしまうので…。
イメージ 1
(Kt6051F)まあ、そう言わずに…。
イメージ 4
(Kt6625F)とりあえず、話を続けます。登場当時Mc+Mc+Tcの3連で運用を開始したのです。実は、この形はあの6800系と似た形状だったのですよ。
イメージ 2
(Kt1029F)ちょ、ちょっと待って! 8000系でもMc+Tcの編成を基本とした編成が基本だったけど、3両編成となった系統は、8400系以降ですよ。
<画像:DSC04661-2(C)>
(Kt6625F)ところが、それだけではないのですよ。1966年(昭和41年)の増備車からは6000系としてMc+M+Tc+Tcの4両編成を組み、翌年からは6900系列を名乗っていた車両たちも6000系に編入されて、昭和43年にはTのサ6150形も増備されMc+M+T+Tcの4両固定編成も登場するなど、バラエティに富んでいるのですよ。
イメージ 2
(Kt1029F)そうか…、8000系系列にも3両編成があるけれど、現在は省エネ車となっているのよね…。
イメージ 4
(Kt6625F)その後、6900系も6000系に編入後は固定編成化されているのですが、偶数Mc、ク6100形6101-6104(旧ク6950形)はATSや列車無線等の導入後、中間車として使用されるようになり、番号はサ6150形として編入後、昭和53年から54年にかけて、中間車両として走ることになります。
(N)その後、2回目の改造が昭和58年から4年もかけて、改造を受けます。いわゆる表示幕と中間車両の客室化が行われたのですが、6620系の投入で養老線に転入することになります。
イメージ 4
(Kt6625F)結果的には、僕が引導を渡してしまったということになったのですし…。先輩は、そのバトンを渡してくれたのかもしれませんね。
イメージ 1
(Kt6051F)それで、僕の登場です。僕たちの6020系は、6000系先輩のラインデリアに冷房装置を改めた車両で、昭和43年から5年もかけて99両生産されたのですよ。実は、この時から、8000君の後期型や2410君、1810君と同じライトになったのです。実は、3両でも運用できるような改造もされているし、4両でも運用可能な形で採用されていて、これは6200君にも受け継がれております。
イメージ 5
(Kt16602F)そう言えば、22600さんから聞いた話だと8060F以降にラインデリアが装備されておりますし、ライト形状も改良されております。現在も、8000系は在籍しているようですよ。
イメージ 2
(Kt1029F)確かに頑張っているけどね。しかし、8400先輩や、8600先輩とともに今後が注目されるかもしれない車両ですね。
イメージ 1
(Kt6051F)実は冷房化は意外と遅かったようで、昭和55年から開始となり、同時に本格的なリフレッシュ工事が昭和62年に入ってから行われました。その内容は、方向幕の設置と内装の張り替え、一部の車両では交差型のPT48型パンタグラフを装備しています。そして、2度目の改造工事は、平成9年から21年にかけてで、6023F - 6035F・6039F - 6059F・6065F・6067Fが平成18年までに、平成18年から改造された6061F・6063F・6071F - 6077Fでは、壁紙・座席モケット・床材の交換も行われ、7020系と同じ形になっています。
実は、僕もラビットカーとなったのは、一昨年の「吉野線100周年記念」のプロジェクトに参加してからなのですよ。
(N)そして、6200系の登場となります。この6200系は6020系の技術を踏襲しつつ、車体を2800系、8600系に合わせて改造した形式です。外見上の違いは、先頭車両が丸みを帯びている点だけです。実は平成10年までに前車両とも改造工事を受けております。実際に6020系とともに頑張っておりますよね。
イメージ 1
(Kt6051F)そうですね。私たちも頑張っておりますよ。…で時間が経ちましたが、この後、私の担当する吉野駅行き急行は、尺土、高田市、橿原神宮前と停車していきまして、そのあとは各駅停車で吉野駅を目指します。ナレーターは途中の橿原神宮前駅で下車するので、そこまでお供します。
イメージ 6
さて、午前10時29分到着してから、私は運用があるために吉野に向かいます。
イメージ 7
(N)私は、橿原神宮前駅から橿原神宮に歩いていきます。そこから、「お参り」に向かいます。それでは、次回「27」をお楽しみに。