表示板の取り付け成功。

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車輛)」から阪急320型の続報をお伝えします。

あと少しで、完成というところまで来たのですが、その前に、ひとつお詫びをしておきます。あと少しというところで、渡り板を再現していないという指摘が出てきたために作成を急ぐことが急遽決まりました。
改めて、完成には時間がかかります。申し訳ございません。
イメージ 1
車両制作は順調で、現在は、こうなっております。

ということで、報告は、以上となります。