あれから3年の月日が経つ…。

本日の話題は、2本あります。最初の記事は、「復興へ。」より、来月11日で、3年目となる東日本大震災について、お話します。

来月の11日に、東日本大震災から3年を迎えてますが、あの日、わたくしは大阪の中心部で、その揺れに見舞われました。
その上の階で、悲鳴がらみの声が上がっていたのが印象的でした。その理由は、あの上で授業を行っていた外国の方々の悲鳴が、聞こえたことです。

地震を初めて経験する外国の方にとって、この事態が初めてだったということになります。しかし、それから3年、生活も、政治もすべて3年前に戻ろうとしています。しかし、戻るものが戻らなくなるという恐怖、これは、今の国民が感じていることそのものではないでしょうか。

まさに、今がその時だと豪語する政治家もいれば、必要だと声を上げる政治家もいる、3年たってからわかってきたことが、これだとは…。

今感じていることすべてだと思います。
イメージ 1
そう、この努力が無駄にならぬことを願いつつ。

それでは。