大阪歩きシリーズ 第1弾 ありがとうございます交通科学博物館 08

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」より「大阪歩きシリーズ」、「ありがとうございます交通科学博物館」の第8回です。長丁場となったのですが、今回もやっていきます。

イメージ 1
さて、昨日の続きです。あと2枚の写真でネタをやっていきます。次は大阪市営交通局です。大阪市営交通ですが、この路線は、何とかなっているのですが、
イメージ 2
あの「ごちそうさん」のラッピングなどで、大阪を盛り上げております。
イメージ 3
これもその一つですね。
イメージ 4最後は、JR西日本です。これは、トリを飾るにふさわし車両321系ですね。
イメージ 5イメージ 6イメージ 7イメージ 8現在は、JRの中では営業エリアが、東日本に次いで広いことが特徴です。現在は大阪を中心とする京阪神アーバンネットワークエリアと、
北陸特急を主軸とする北陸エリア、さらに山陰中国エリアといった形に分かれています。
まあ、そんなこんなで、紹介も無事終了し、企画展を見てみたのですが、そこに、パノラマカーが展示されておりました。パノラマカーも今やいませんね。
イメージ 9
そして、夢の続きは京都でということでしょうか、どういう博物館となるのか注目ですね。ここからは、外に出てみましょう。
イメージ 10外に出ても、人のオンパレードです。私たちが目指すのは左奥にある車両たちです。実は、ここで貴重な体験をすることになろうとは、思いもよりませんでした。
イメージ 11
登場したのは、C62型蒸気機関車26号機です。この車両は、運転台通風装置を搭載した車両でしたが、あまり役に立たなかったとか…。
イメージ 12
そこをくぐって、一路どこに抜けたのかというと…。
イメージ 13
客車2両がそこにいました…、この車両は、いったい…。ということで、次回
「09」は古き良き時代を作った客車たちのお話です。それでは。