ついに、夢の企画実現へ! 『阪神』三宮駅先発→賢島駅行特急レポ 03 東に向けて走る1

本日の話題は、2本あります。最初の記事は「鉄タビ」本編から、「ついに、夢の企画実現へ! 『阪神』三宮駅先発→賢島駅行特急レポ」の第3回ですが、

イメージ 1
さて、貸切列車のを見送った後、大阪上本町駅方面に行くことになりました。
その話をする前に…、
これが、その画像です。本人は気づいていなかったのかもしれませんが、私が写っておりました。ちょうど、動画開始から7分8秒後に、大阪難波駅側に走ってくる赤いジャケットの男が、私です。
そして、その映像がとられた後、私は、西九条駅から返しの列車に乗ることになりました。
イメージ 2
大阪難波駅方面、1026系1027編成大和西大寺駅行普通に乗車しして、大阪の中心部に一旦戻ると同時に、母から頼まれていた「大和茶」の購入と、大阪線撮影のために、大和八木駅に向かうことになったのです。
ここで、初めて訪れた方にも、少し、紹介がてらこのお話を始めさせていただきます。
そもそも、この話を知ったのはしまかぜ氏と1月30日に、橿原市まで出向いたときのこと、前もって、しまかぜ氏から大和茶の存在を聞かされて、購入したところ…家族から大評判となり、「ぜひ、買ってきて!」とせがまれたために、そこまで出向くことになったのです(しまかぜ氏には感謝しております!)。
イメージ 7
その合間に、同業者の小学生たち2人とともに、大和八木駅へ向かいます。
イメージ 3
その前に、私とS氏は、この画像を収めた後に、フリーチケットを購入するために、駅をいったん出て…、改札口の特急券売り場で、「飛鳥めぐりフリーきっぷ」を購入。2日間で大阪方面と飛鳥を飛鳥周辺を結ぶ切符です。実際に行と帰りが2日にわたる場合に適応した切符ですが、それを購入するために、
イメージ 4
改札口に出た後、そこから再びホームに戻って、列車に乗り込みます。
イメージ 5
30000系の鳥羽駅行特急(乙特急)には乗らず。イメージ 8
イメージ 6あとから追いかけてきた1430系1439編成(後でわかったのですが、この車両は1430系ではなく、1440系の一種であることがわかってきました。それについては、ニコニコ動画の「【迷列車で行こう 近鉄形式編】第3回 車番と形式が一致しない」を参照してください。かなり複雑です)と2800系2808編成で組成された青山町駅行急行に乗り込ます。これは1021列車の1本前に当たる925列車です。
それに乗って、大和八木駅に向かっていきます。それでは、次回「04」では、その車窓をご覧いただきます。お楽しみに。