ついに、夢の企画実現へ 『阪神』三宮駅先発→賢島駅行特急レポ 21改(京阪『稲荷』大作戦!) 終幕

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「京阪『稲荷』大作戦!」の続きです。
イメージ 1
さて、次は…、
(Kh1506F)いなりー!
出ましたね。また、今度は誰ですか。
イメージ 2
(Kh1506F)どうも1000系1506編成です。よろしく!
あなたはわかっておりますが、ヘッドマークはからは声が出ていないですよ。
(ヘッドマークの主)初めまして、私は、宇迦之御魂神と申します。
あなたでしたか、確か『古事記』でご登場なされたと、記憶しております。確か、暴れ者のスサノオノミコトに、殺されてしまう役でしたよね。
宇迦之御魂神)違いますよ。確か、スサノオノミコトは、大変な暴れ者でしたけど、それは私のお父様ですよ。
そうでしたか…。それは失礼しました。しかし、日本画の描き方とは異なりますよね。
宇迦之御魂神)完全に裏切られました。最初に見たときは、「えっ、これが、私?」と思ったほどです。
それは、今の事情を反映しているからかもしれませんよね。
宇迦之御魂神)こちらの方が、かわいいなぁと…。
それは、自画自賛とみられますよ。
宇迦之御魂神)そうですね(^^;。そこは気を付けます。
ということで、次を探してみます。そしたら。
イメージ 3
(Kh5554)いなりー!
(ヘッドマークの主)いなりー!
ハモッてますね。どうも、
(Kh5554&ヘッドマークの主)これは、ナレーターさんと呼べばいいですね。
ええ、それより、ヘッドマークのお方は、
(ヘッドマークの主)初めまして丹波橋紅司です。
初めまして、それより誰かが…。
イメージ 4(Kh8010F)それより、特急停車駅が、苗字になるとは、いささか奇遇ですな。
そうですね。しかし、本日でヘッドマークの掲示が終了とのことだそうですね。
イメージ 5(Kh5554F)それは、残念ですな。続編も楽しみにしていますから。
(丹波橋)見ているのですか?
(Kh5554F)休みだったら、見てますし、運用だったら録画してもらっていますから…。
なるほど。
(Kh5554F)それより、さわやかでしょう。
ええ、そうですね。
(丹波橋)そ、そんな、照れますよ。
イメージ 6
(Kh8009F)それより、主役はとれたの?
それが、とれませんでした(T_T)。
(丹波橋)そうでしたか…。かわいい顔をしてますよ。
そうですか。
イメージ 7
(Kh5554F)それでは、私は運用がありますので、ここで…。
それでは。

まあ、そういった感じで進み、再び準急のヘッドマーク撮影に臨みました。
イメージ 8宇迦之御魂神)あらあら、またですか。
ええ、またです。
イメージ 9
宇迦之御魂神)もう一回ですね。
ちゃんとしたものを撮りたくて…。それで、ここからということです。
イメージ 10
宇迦之御魂神)しかし、もう帰る時間でしょう。
そのために、墨染さんと主役、それに丸太町さんは結果的に外すことになってしまいました。
その後、墨染さんはGETできたのですが、主役は目撃だけになってしまい。丸太町さんは会うことができずとなってしまいました。
(丹波橋)そういえば、この間の5月3日にも来ていたようですけど…。
あの時、チャンスがあれば、とりたかったのですが…、無念です。
イメージ 11
宇迦之御魂神)でも、私たちが撮れただけでも良かったでしょ。
そうですね。
イメージ 12
まあ、とにかく、ラストはこの人に〆てもらいましょう。
(Kh8001F)これにて、「京阪『稲荷』大作戦!」任務終了とする!
ありがとうございました。
イメージ 13(Kt22601F)ちょっと待って、メインは私たちのほうですよ!
そうでした。それでは、〆てください。
(Kt22601F)それでは、これにて、「ついに、夢の企画実現へ 『阪神』三宮駅先発→賢島駅行特急レポ」は終了となります。皆様、21回のお付き合いありがとうございました。次のブログ記事は、4月24日に飛びますが「高野山愛の旅」をお送りします。お楽しみしておいてください。それでは。