高野山愛の旅 16(最終回) 高野山のご利益をもらって。

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「高野山愛の旅」ですが、最終回となりました。
さて、特急「こうや8号」の指定席で、堺東駅まで乗っているのですが、その風景は、画像で撮りたかったのですが、代わりに、
イメージ 5
上古沢駅から特急「こうや」に使用している30000系を捉えました。高野下駅は3年前の画像でご了承ください。
イメージ 1
高野下駅も通過して、イメージ 2
九度山駅に、到着しました。ここで橋本駅先発各駅停車の行き違いを待ち、
イメージ 3
名所案内を撮影したのですが、九度山も有名な場所にあったのですが、今回は行くことはできませんでした。また今度になりそうですね。
イメージ 4
2300系2304編成がやってきました。
イメージ 6
紀伊清水駅を通過後、橋本駅に到着したのですが、そのあとは、林間田園都市駅を過ぎ、
イメージ 7
県境の紀見峠駅、天見駅間で府県境を越えて、大阪府に入ると8200系8701編成の林間田園都市駅行急行とすれ違い。
イメージ 8河内長野駅で6300系6333編成の南海難波駅行各駅停車が、特急「こうや」から乗り換えの乗客を待っておりました…、その前に、
イメージ 9
6620系6624編成大阪阿部野橋駅行準急が、停車していました。そのあとは、
イメージ 10千代田駅を過ぎて、千代田車庫群を通過後。
イメージ 1111000系の特急「りんかん」を行き違い。
イメージ 12
うっすらですが、「阿倍野ハルカス」がかすんではいるのですが、見ることができました。
イメージ 13堺東駅に到着。「高野山という地域から帰ってきたのだな」と感じた1日だったのかもしれません。
今回の旅は、まさに高野山という霊場を回った旅でもありました。「愛」というのは、「愛する」の愛ではなく「愛染明王」の愛とも掛けた部分もあります。
しかし、「しまかぜ」氏との愛も、進むかもしれませんね。ということで、これにて「高野山愛の旅」は、これにて、お開きとなります。
次回予告は、「近鉄奈良線100周年のヒストリートレインを撮ってみまひょ」です。この旅にはS氏と、もう一人、新たにブログ仲間の人を紹介する予定です。それでは。