近鉄奈良線100周年のヒストリートレインを撮ってみまひょ 19

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「近鉄奈良線100周年のヒストリートレインを撮ってみまひょ」の第19回、まだ、鶴橋駅からの撮影で、上りの「ヒストリートレイン」を待っている状況です。
イメージ 1イメージ 2ヒストリートレイン」の折り返しが来るまで時間が少しあり、阪神1000系1207編成の大和西大寺駅行普通と大阪線は、2800系2806編成(おそらく)と2430系2440編成の河内国分駅行普通が同時に出発している状況です。
イメージ 3
そのあとに続くのは、午後3時大阪難波駅先発となった名古屋駅行特急(甲特急)に就いた21000系アーバンライナーです。
イメージ 10
続いては、阪神1000系1212編成の神戸三宮駅行快速急行が到着。
イメージ 4
続いては、1420系1426編成と2430系の大阪上本町駅行普通です。
イメージ 5一方、奈良線は1026系1027編成尼崎駅行区間準急です。
イメージ 6続いて、5820系5722編成の奈良駅行快速急行が出発。
イメージ 7次は、大阪難波駅を午後3時5分発の賢島駅行特急(乙特急)が停車中。
イメージ 8
その隣は、再びですが22000系の回送車両でした。しかし、回送車両だからというわけではなく、大阪難波駅から先発する奈良駅行になるかもしれません。
イメージ 9
賢島駅行は12400系のみでした。そして、ついにその時が来ます。ということで、次回「20」では、「ヒストリートレイン」を撮ってきました。