JR大回り旅 これで120円です。 12(北陸本線をさらに北上【長浜→近江塩津】)

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「JR大回り旅 これで120円です。」の第12回、私たちは今、長浜駅を出たところです。
イメージ 1長浜駅を出た列車は、さらに北上を続け、虎姫駅などに停車していきました。実は、この区間を走ってきたのですが、近江塩津駅まで新快速は各駅停車扱い、そのために、敦賀方面に向かう普通列車の代わりをしているという運転形態をとっております。
イメージ 2そのために、この駅からの優等列車は、この「しらさぎ」君のみで、あとは普通だけということになります。
イメージ 3北側に少し広い山々が見えてきているのですが、そこに、歴史の大舞台が隠れておりました。
先ほどの画像の山が見えた後に、高月駅に停車するのですが、そこで、赤子をだっこした女性のお方が、ベビーカー片手に、降りる支度をしておりました。
一昨日の記事で、書き忘れていたのですが、そのお方は、京都方面から乗ってこられた方かもしれませんが、席がなくて困っていたようでした。
私はちょうど、立って撮影や、感じたことをメモし、しかも席に座れない状況でした。米原駅で降りた留学生の一行が、座っていたことで、仕方なくたっていたという状況です。しかし、一人の紳士が、その女性の方にお声をかけていました。
「ベビーカーを見張っているので、どうぞお座りください。」と、まさに暖かい心を持った紳士だと痛感していました。
イメージ 4
さて、その高月駅で、女性は紳士にお礼を言って分かれました。まさに一期一会でしたが、この出来事の少しあと、紳士のお方から、父に対して注意が…。まさに、そのしかり方が、紳士らしくて改めて感心するという場面も…。そこはあえて書きません。ご了承を。
ということで、イメージ 5
その場所が、いったい何か…、実は、木ノ元駅に着くのですが、ここはあの賤ヶ岳古戦場です。しかし、この場所は、先にある山の奥…。
ここに、両軍がどういう想いで、この大戦に臨んだのか、その心中は察することができませんが、静かになったこの地をじっくり訪れてみたいと感じるのは、私だけでしょうか。
イメージ 6そして、列車は一気に山を駆け上り、近江塩津駅に到着しました。時刻は午後2時35分、旅はそろそろ、大阪を目指して走ります。それでは、次回「13」からは湖西線を南下します。お楽しみに。