JR大回り旅 これで120円です。13(湖西線を上る【近江塩津→近江今津】

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「JR大回り旅 これで120円です。」の13回、さて、私と父は近江塩津駅にいました。
この近江塩津駅は、少し変わった構造をしているのですが、何かわかるでしょうか…。実は私と、父が下りたのは2番線ホーム、しかし、次の列車が乗り入れてくるのは、なんと1番線。5分で接続します。
この光景とはほぼ逆転した形で接続して来るということですね。
イメージ 1
さて、列車は湖を西側に走り、近江今津駅まで各駅に停車していきます。わたくしたちが乗ったのが、午後2時40分発の網干駅行新快速です。223系の4両で走っているのですが、
イメージ 2
近江塩津駅を出ると永原駅ですが、そのあとが、
イメージ 3
長い長い線路の続くそんな状況で、
イメージ 4
裏側に、賤ヶ岳が見えると、マキノ駅に到着します。
イメージ 5とりあえず、駅名を撮影。このマキノは、マキノ町という町にある駅で、近くにスキー場があることで知られております。
イメージ 6続いて、近江中庄駅に到着、そこで湖西線敦賀方面駅行の新快速と列車交換したのですが、相方も4両編成。それだけ、乗客の数が少ないという現実を突き付けられた気がしました。
イメージ 7
この付近からは、田園地帯が広がっております。近江米の故郷でもあります。そして、近江今津駅…ということで、
イメージ 8あれ…、と、止まった。というわけではありません。
実は、この後で12両編成に増結されるために、信号待ちをしていて、そのあとで2番線(普段は下りで使用するのですが)に入ってくるのです。
少しの待ち時間で、連結。
イメージ 9
12両編成となるのですが、停車時間が長い…。そのまま停車中となりました。
イメージ 10
このまま、大津京駅を越えて、大阪駅に向かいます。

ということで、次回「14」は、湖西線をさらに南に進みます。それでは。