マルシェDE奈良! (予告)とプロローグ

皆様こんばんわ。本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から、「マルシェDE奈良!」の予告、プロローグです。

イメージ 1(Kt1641F)ナレーターさんお久しぶりです。1641Fこと「恋人編成」です。

(N)…。
イメージ 1(Kt1641F)沈黙してどうします。

(N)うれしいのだけど、自分で公表するのはどうかと…。
イメージ 1(Kt1641F)さて、実はナレーターさんが来ている場所は大阪上本町駅です。このとき私の隣に、私と同じ型で生産された5800系5802Fが停車しておりました。
イメージ 2
(Kt5802F)どうも、私は普段奈良線を走っております。5800系5802Fと申します。実は、この場所に来るのは『奈良線開業100周年』イベントに参加して以来です。
イメージ 1(Kt1641F)そもそも、当事者ですから、主役ですよ。わたくしの場合はそれから8年も時間をかけないと…、そのころはおばあさんになっているかな。

(N)弱気にならんといてください。ということで、プロローグを始めます。

イメージ 3実質上、講習を明日となる15日に振り替えてもらい、私は地元駅から南海難波駅に向かっておりました。時刻は午前9時半。その日に、河内路ライナー氏とたんば4号氏が大阪上本町駅で待ってくださっておりました。
イメージ 4南海電鉄でも、何かイベントをやってくれたらいいのですが、その代りに、本線で何かあるようで…。
イメージ 5南海難波駅に降りてみると、
イメージ 6ちょうど、『ジオンラピート』が来ていたために、ギャラリーができているといった状況。そんな中で、
イメージ 75月31日に堺駅で撮影して以来の彼を、収めて…。大阪難波駅に急ぎました。
イメージ 8
そして、奈良駅行区間準急で大阪上本町駅に急ぎます。このときは、阪神1000系1207編成が担当しておりました。ということで、次回からは「鉄タビ」本編が「マルシェDE奈良!」、「鉄タビ(臨時便)」が「14年ぶりの須磨へ 水族館膨らむ愛?」のシリーズでお送りします。それでは。