14年ぶりの須磨へ 水族館育む愛? 07

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「14年ぶりの須磨へ 水族館育む愛?」の第7回です。
イメージ 1カニを撮影しているところから再開しますが、実はこのカニ、静岡県熱海沖などで見られるカニです。
イメージ 2確か、タカアシガニという種類だったと思います。そして、カサゴも撮影。
イメージ 3
さて、続いて、この魚の中で、いろいろと見ていく中で、
イメージ 4熱帯・亜熱帯といろいろ海を見てきたのですが、沖縄に行ったり静岡に行ったりと海はつながっていることを疑似体験できますね。
イメージ 5続いてはイソギンチャクおよびサンゴを見てみます。といっても、あまり画像が…。
鮮やかすぎますが、これは毒をもっているという宣言みたいなものです。
イメージ 6続いては、そのイソギンチャクですが、こちらも…。
イメージ 7お次は、なんだこれ…といわれますが、私も何か見入ってしまいます。イメージ 8
次は二枚貝ですが、砂に潜ったり、顔を上げて口を開けているものもいます。なんだか、見ていて表情があるというのかもしれません。
イメージ 9続いては、白銀に光魚の群れに、ロブスターという構図。これはどこなのか…。
イメージ 10そうしているうちに、ロブスターの集団が見えてきました。これを撮影して、
イメージ 11タコなどをヤドカリなどを撮影していきます。しかし、画像がまだたくさんありますね。ということで、ここで次回予告です。「08」に参ります。
イメージ 12次は、アマゾンへと向かいます。それでは。