14年ぶりの須磨へ 水族館育む愛? 08

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「14年ぶりの須磨へ 水族館育む愛?」の第8回、
イメージ 1さて、カニ類や、ヤドカリ類などを見て来たのですが、この次は、最近話題となったあの生き物からです。
イメージ 2水の母と書いて、「水母」です。お椀クラゲや
イメージ 3こんなクラゲ(兜クラゲ)などがいますね。
イメージ 4こんな形のものまで、まさに、『孫子兵法』に曰く「兵とは水をかたどるなり」ということですね。
イメージ 5この次の画像は、なんと卵ですが、貝殻に卵を産み付けるというしぐさをする生き物がいるのです。
イメージ 6それが、こちら。正体は「いか」ということになりました。この以下は貝殻に卵を産み付けるというようです。
イメージ 7さて、その場所を離れ、アマゾン館に入ってきました。なんと、そこで出迎えてくれたのは、「ピラルクー」というアマゾンに住む巨大魚、その周りを、
イメージ 8
この魚が泳いでいますね…。ピラニアではないかと思いますが、
イメージ 9続いてはお眠り中失礼。これは、アマゾンに住む凶暴な亀みたいです。カミツキガメという形に似ているかもしれません。
イメージ 10そのあとは、この魚たちを撮影したのですが、この後で、
イメージ 11
サイチョウを発見しました。そのサイチョウは、私たちを見たりしていたのですが、首を動かしていたのですが、その光景はかわいかったですね。
イメージ 12そして、こちらはカメレオンですね。口を開けたままですが、これは剥製でした。残念。
イメージ 13
そして、アマゾン館を探検します。それにしても暑いですね…。アマゾンの気候に合わせているので、暑かったです。
ということで次回「09」に入りますが、原稿は明後日に回します。それでは。