14年ぶりの須磨へ 水族館育む愛? 10

さて本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「14年ぶりの須磨へ 水族館育む愛?」の第10回、
イメージ 1さて、疑似体験ツアー(いつの間にかタイトルが変わっていますが、気にしないでください)は、南半球の南アフリカ付近にいるということになっております。
イメージ 2
そして、ドアップでこんな画像を撮影することができます。「何を撮っているのだ~!」といわれてしまいますよね。
イメージ 3
こちらも撮影しました。なんかのんびりとした感じですね。
イメージ 4そして、一気に北に上がってきました。そこでオオサンショウウオを見て、
イメージ 5続いては、ナマズなのかわかりませんが、そういったものを撮影。
イメージ 6その次は、小さな魚を撮影。
イメージ 7
その次は、左上にちゃっかり説明書がかかれております。すっぽんです。
優雅に泳いでいるのですが、私を見て「撮ってくださいね」といわんばかりの顔をしております。
イメージ 8続いては、なんかナマズなのか、わからない魚を撮影。
イメージ 9続いては、カレイに似た魚を撮影したのですが、少し形が違っていました。
イメージ 10
次はフナ類。これも集団で群れております。
イメージ 11続いては、カメですが上半身が見えません。しかも首がない。
イメージ 12
最後は、バイユという魚を撮影した後、数枚の魚を撮影してから昼食を食べに行くことになりました。ということで、次回「11」とその次の「12」は昼食でのエピソードとアザラシのアイドルを見に行きます。それでは。