データー消失!から一夜明けて

本日の話題は3本あります。しかし、今のところ、2本しか出ていない日が多くて申し訳ございません。最初からこんな調子ですが、さて、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。

イメージ 1
昨日のデーター消失騒動から一夜開けたのですが、従業員の必死の形相での作業の結果何とか車両を元に戻すことができました。
一同、胸をなでおろしたところです。しかし、国内車両製作はしないと断言したのですが、試作品としての観点から技術を磨くために、様々な研究を行っているところです。
イメージ 2
前回のデーターを見比べてみると、窓が角ばってしまっているというのは課題として残っているのですが、ライト周りの部分を変形させたりして、改良を施すという形を取っております。また、別枠のパーツ化するものとして乗務員用、乗客用扉の設置、さらに貫通扉の可動システム、さらには、渡り板の可動などを中心に検討を進めているところです。これを実装した場合は、連結されたときに幌と一緒に、渡り板が前に飛び出るということが起こるかもしれません。

そして、これを持って、国内関係に復帰することも考えております。ということで、報告は以上となります。それでは。