近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅 16

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近代化遺産と山本覚馬達の功績を巡る旅」の第16回です。本日は、同志社大学がキャンパスを置いている府県、京都府と滋賀県を結ぶ京津線を見てみます。

イメージ 1
京都と大阪を結ぶ京阪ですが、本線とは異なり、線区間では異様な線形をしている京津線は、京阪本線の開通から遅れること2年に開通するということになりました。
イメージ 2
その主な目的は、開通からさかのぼること6年前、京阪電鉄の発足と同じ年の明治39(1906)年、大津市中心部と京都市中心部の直通を目的としたものです。
当時は、京都市内での市電の路線を伸ばそうとしていた時期であり、全身に当たる京都電気鉄道がほかの1社を誘って、京都市内と大津市内を結ぶ路線の免許を出願していたことからも、そのことがうかがえます。
ところが、出願が3社となったことから、監督官庁の鉄道院は、競合させて遅らせたら元も子もないという考えから、京都電気鉄道と京津電気軌道の両株式会社に合流してはという提案を持ちかけたことで、新京津電気軌道株式会社が発足し、京都市下京区三条(現在の京阪三条)から、大津市御蔵町札ノ辻(のちに移動統合して浜大津駅となります)までの区間を開業させることになります。
イメージ 3
ただ、このルートがのちに東海道本線との競合区間となってしまいます。
実は、東海道本線の新ルート、つまり、東山トンネル直通ルートに切り替わったことで、京津線のルートをまたぐ格好になり(2度)、京津電気軌道に対して、京阪電鉄との合併交渉が、持たれることになります。
イメージ 4
ところが、総会からは異論が噴出し、京福電鉄との合併を視野に入れるべきだという意見も続出していきます。
それが、大正12(1923)年のことです。その後、正式合併したのが大正15(1926)年ですが、京阪電鉄傘下に入ったことによって、独自の車両を製作するなど、いろいろと改良がなされていきます。
イメージ 5
中でも、戦後の名車として名高いのが80系です。この車両は、ヨーロピアンスタイルを前面に押し出した形で、地下鉄東西線の三条駅と御陵駅区間の開業前まで、軽快に走り続けた車両でもありました。
このトップナンバーである81型と82型は、京津線三条駅と御陵駅区間廃止でラスト運転をしてことで知られております。
イメージ 6
結果的には、現在の京阪線から分離したものの、京都市営地下鉄東西線の効果と合わせて、最長で京都市右京区の太秦天神川駅から、浜大津駅までの区間を走る列車もあるほど、東西動脈の要として機能しているという現状があります。
もしかすると、太秦天神川駅で京福線と乗り入れて、嵐電嵐山駅先発の浜大津駅行というのもあり得るかもしれませんね。
また、地下鉄東西線線内の急行運転も実施してみると面白いかもと考えてしまいます。
イメージ 7
ということで、京津線に関しての解説はここまでとしてまして、私たちは、この広場を後に、樟葉駅から大阪淀屋橋駅行に乗り込み、大阪市内へと戻っていきます。
イメージ 8
もちろん乗ったのは、特急でしょうと思いきや、実は特急が出てしまった後で、直後に出発する急行に乗っていきました。後続の特急が来ても追いつかないという理由があって乗ってみたのです。

次回「17」と「18」は最終回で、大阪市内に戻る途中の画像をお楽しみください。それでは。