台湾鉄路管理局EMU700型を製作中(途中経過 大詰め)

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、台湾鉄路管理局EMU700型の話ですが、製作途中経過は終盤に差し掛かってきました。

今からですが、最終調整のために、本体に入れて、調整がうまくいっているのかを調べるところです。
現在問題なのは、中間車両の寸法の調整です。これが、難しいのですが、それは編成を組まないと出てこない問題です。さてですが、台湾の事情に合わせて、種別の関係を微妙に調整して3種類、用意しました。

1.イメージ 1
日本でいえば普通または各駅停車に当たる種別です。
2.イメージ 2
これは私鉄では急行、JRでいえば快速に当たる種別です。
3.イメージ 3
実は、少しいじわるなのですが、JRの一部で使用されている区間快速、私鉄では区間急行、京阪では準急、ほかの私鉄の一部でも快速(京王)などで表記される種別で、架空種別として登録したものです。

ただ、実際の台湾での表記は区間ではなく「區間」と表記されます。その点はいろいろと考えて、この形にしました。

なお、種別表記は前面にのみに適応したものです。後は、中間車両の間隔調整です。ということで、良い結果が出ましたら、さっそくですが、公開の準備に取り掛かる予定です。

ということで、報告は以上となります。それでは。