近鉄団体車両撮影ツアー 24(「鉄タビ」では最終記事)

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄団体車両撮影ツアー」の第24回、さて、旅もいよいよ大詰めです。
イメージ 1
午後5時20分に大阪難波駅に到着する賢島駅先発特急(甲特急)の通過を待った後、私と500T氏を乗せた伊勢中川駅先発の名張駅行普通は、その直後に出発していきました。
イメージ 2
ようやく、イベントが終わって、静寂に包まれた青山町車庫を後に、西に向かって進みます。それにしても、「楽」を挟むように、「あおぞら2」が並んでいます。
その様子を見ながらも、西へ向かいました。そして、走ること10分ほどで、名張駅に到着。
イメージ 3
そこから、大阪上本町駅まで直行し、その列車の回送を撮影しようと、考えていたところでした。
そのまま、大阪上本町駅を目指して走ったのですが、団体列車はそのまま大阪上本町駅に直行してしまい。
イメージ 4
結局乗ってきた列車を撮影するだけになってしまいました(T_T)。
イメージ 5
しかも行先が、青山町駅行快速急行。まさかの行き先が、ついさっきいた場所というのも、何かの縁でしょうか。
そんな中で、8月23日の旅は無事に終わりました。
イメージ 6
しかし、大阪上本町駅で待ち受けていたのが、このポスターです。そういえば翌月の第3週に「楽」が賢島駅まで走るみたいですし、この画像を見ていたのですが、写っていた方は芸人さんでしょうね。
イメージ 7
さて、地下ホームに入ると、名古屋駅行と
イメージ 8
大阪難波駅行特急(甲特急)が「アーバンライナー」で同時入線。そのあとで、普通列車は、少しあとに来ることになったのです。
イメージ 9
最後に、和泉中央駅行準急に乗車して、帰宅するときに撮影した「阿倍野ハルカス」を撮ることができました。
やはり、近鉄の飛躍を位置づけた大阪線。そこに集まった元特急車両が走る姿が、時を越え、現在22600系などに、受け継がれているということです。
ということで、次回の『25』からは、別として「鉄タビ(臨時便)」に変更して記事を書いていきます。もしかすると、タイトル自体が変わるかもしれません。ということで、予告編含め25回にわたりました「近鉄団体車両撮影ツアー」は「鉄タビ」本編での記事の終了となります。