台湾鉄路管理局TEMU1000系完成、同時にセットを考えております。

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。それと、2本の増結がありますが、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「エリアトレインを追う」を、3本目は「∟都市開発部多伊鉄道線プロジェクト」と「∟車両部(新近畿車両)」の合作記事、1号車増結は「歴史もの」から「香港大暴動」に関しての記事、2号車増結は「雑記」から「御嶽山噴火」記事をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、台湾鉄路管理局TEMU1000系を完成させました。
イメージ 1
こんな形になりました。実は、少しミスした部分もあります。それは、デッキを隔てるドアを付けておりませんでした。その理由は、現在ドアを付けないとしても、少し、解析画像でもわかるようにデーターが重くなっているという点です。
そのために、泣く泣く、デッキを隔てるドアはつけませんでした。これを付けてしまうと相当重くなってしまいます。軽量化が必要となっています。

と同時に、今回改良したEMU700系も同時にセット化する予定です。

ということで、報告は以上となります。それでは。