P100系ついに寝台車へ。第5弾。

本日の話題の3本目は、「∟都市開発部多伊鉄道線プロジェクト」と「∟車両部(新近畿車両)」の合作記事です。

イメージ 4イメージ 5
実は、P100系エグゼクティブ寝台車両のうち、プルマン車両ができたのですが、今回は外見ではなく、内装の部分に変化があります。それは、昼行と夜行とで区別して表現しているという点です。
イメージ 1
これは昼行です。そして夜行になると。
イメージ 2
室内が暗くなり梯子が出てきて別途も出てきます。どこに置いてあったのかが分からないほどの変化のありようですが、実は折りたたまれていたという設定になっております。さらにおまけは。
イメージ 3
深夜になってこういった光景を見ることができるかもしれません。実は梯子の位置も、少し柱側に酔った方がいいという指摘もあります。
イメージ 6
(改良後)
ということで、報告は以上となります。それでは。