エリアトレインを追う 16(最終回)

イメージ 1
(Kt1641F)さて本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「エリアトレインを追う」の第16回、本日が最終回です。
イメージ 2
(Hk6050F)ようやく帰ってきたのですが、本日が最終回と聞いて、駆けつけてきました。
イメージ 3
(Ks3001F)なぜか、私も付き合わされているという感じですが…。
イメージ 4
(Ns1550F)あらら、これは見慣れないお方もいらっしゃるようで…。
イメージ 2
(Hk6050F)先輩、ご無沙汰しております。覚えておりますかあの2200です。2200。
イメージ 4
(Ns1550F)久しぶりじゃない。元気にしていたの? 阪神大震災で中間車両の仲間たちを失ったと聞いたけど…。
イメージ 2
(Hk6050F)7000系さんに頼んでもらって、何とか生き延びました。
イメージ 3
(Ks3001F)すいません。何のことか、さっぱり…。
イメージ 5
(Hk1000F)京成3000系さん。実は私たちの走る京阪神地方は20年ほど前に、阪神大震災に見舞われて、被害を受けたことがあったのです。
イメージ 1
(Kt1641F)僕たちが、生まれたのはちょうどそのころで、僕は末っ子ですが、阪神大震災の話は聞いていないのです。
イメージ 6
(KtT1504F)確かに、阪神大震災は大変な騒ぎだった。
イメージ 3
(Ks3001F)ど、何方さんですか?
イメージ 6
(KtT1504F)初めまして、私は1641編成のデザインのもととなった1400系1504編成と申すものです。実は製造年が20年ほど開いており、私の息子のような感じです。
イメージ 1
(Kt1641F)先輩、ご無沙汰しております。それより、本日の主役を登場させませんと…。
イメージ 7
(Kt5155F)どうも、5155編成です。エリアトレインの任務について本日で早くも1か月と1週間が経ちました。それより、1641! って、先輩…。
イメージ 6
(KtT1504F)あのな。そこまで言うのだったら、お前さんも襟を正したらどうだ。1641は立派に案内人を務めておるぞ! それに対して、先輩に対しての礼儀が鳴っていないといちゃもんをつけたと聞いておる!
イメージ 1
(Kt1641F)まあまあ、お二人とも、けんかはこれくらいにして。
イメージ 7
(Kt5155F)取り乱してすいません。しかし、考えてみると、僕たちのような復活色を、出しているところは、私を含めて、南大阪線の『ラビット』、奈良線の『ヒストリー』ぐらいですよね。
イメージ 2
(Hk6050F)確かに、僕のところは、最初からこの色を通しておりますし…、阪神さんは、
イメージ 8
(Hs8241F)私も調べてみないと、わかりませんが…、おそらく『ヒストリー』さんを薄くした色だったと、5000系先輩から聞いております。
イメージ 9
(Nk7149F)確かに、私の南海では7000系を、旧塗装にしたことがありました。
イメージ 10
こんな感じでしたが、これが、こうなったのです。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
まあ、そういうことですね。
イメージ 1
(Kt1641F)しかし、これも…一時期の記念プレートみたいなものですよね。
イメージ 7
(Kt5155F)まあ、そういうことでしょう。
イメージ 3
(Ks3001F)私のところでも、3500系さんが引退したのですが、3種類の色で復活した県がありますし、京急さんからは2000系が登場当時の色を出して復活編成として走った例もあります。さらにほかにも3,4例ほどありますよ。その中でも突飛都しているのは、西武鉄道のレッドアローの復刻編成が出たということもありました。
イメージ 1
(Kt1641F)すごいですね。ほかには名鉄も、復刻編成を走らせた例があったようですし。これもすごいですね。ナレーターさんも、そのうちどれかに乗ったことはあるでしょうか?
(N)私が乗った復刻編成は、『ラビット』と『ヒストリー』だけですね。あと、南海電鉄さんの編成は、塗装変更前からちょくちょく利用していましたよ。
イメージ 1
(Kt1641F)えっ? そうですか、ではバリバリの南海ファンではないですか?
(N)実は、近鉄ファンでもあって…。
イメージ 7
(Kt5155F)でも、僕の色は珍しいのでは?
(N)いえいえ、2200系さんたちが纏っていた色ですよ。
イメージ 7
(Kt5155F)そうでしたか。それは2610系先輩から聞きました。
(N)まあ、そういうことになりますね。ということで、「エリアトレインを追う 」はいかがでしたでしょうか。合計40回にわたった「近鉄団体列車撮影ツアー」はこの回を持ちまして、終了とさせていただきます。皆様、拝読いただきましてありがとうございました。次回の「鉄タビ」の予告ですが、実際に予定が決まっていませんが、「近鉄鉄道祭り2014」を予定しております。もしかしましたら「南海鉄道祭り」にも参戦するかも知れません。それでは、その時までさようなら。

END