近鉄鉄道祭り’14 ヒストリー ゴー アンド 五位堂号 04

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’14 ヒストリー ゴー アンド 五位堂号」の第4回。五位堂駅からスタートです。

イメージ 1
エリアトレインと、「楽」さんを見送り、その直後に、やってきた「たんば4号氏」と500T氏と、JNR181系N氏に紹介した後、私たちは「たんば4号氏」とは一旦別れ「きんてつ鉄道まつり」五位堂会場に向かうことになりました。
イメージ 2
この門をくぐるのですが、1時間前まで雨が降っていたということを伝えるように、先端部分が濡れておりました。実際に、500T氏とJNR181系N氏が昼食を買っていなかったために、そこにある売店で(なぜか、ケンタッキー・フライド・チキンも)、空揚げなどを購入し、休息をとる車両に向かいます。
イメージ 3
その前に、楽団の後ろでデボ1型(のちのモ200型)が展示されております。その車両を後にして、休息車両に向かいました。ところが、そこで…。
イメージ 4
この車両は、名古屋線で使用されている2000系、2022編成が停まっていたのです。さらに、「CITY」列車として知られているそうです。
イメージ 5
ということで、食べようと思ったのですが。その前に、9200系9204編成の大阪上本町駅行区間準急が手前を通過。
イメージ 6
折り返しの榛原駅行区間準急が通過。
そのあとで、休息車両の中に入り昼食をとることに、私は大阪難波駅近くで購入したサブマリンサンドをほうばっていたのですが、食べ終えた後、
イメージ 7
そして、値切りジジイ氏を乗せた「楽」号が通過。
イメージ 8
後ろ姿もしっかり収めます。
そのあと、
イメージ 9
休息車両を後にして、その休息車両を撮影。
イメージ 10
さらに2枚目を撮影したのですが、そのあとは工場内に入ってきます。
イメージ 11
その前に、東花園駅行ワンマン普通の表示9020系9028編成が停車中…間違えました、展示中です。
イメージ 12
その隣が、これがありえないのですが、9020系9026編成京都駅行快速急行…誰か止めて…といいたくなりますね。
イメージ 13
さて、入ってみたのですが…。2430系2432編成、行先はぶれていて、わかりづらいですが、宇治山田駅行快速急行…、ありといえばありですが、入線できないのですよね。理由があるのですが、それについては、後ほど。
イメージ 14
そして、こちらは、クレーンが上にはありました。ということで、次回は「近鉄鉄道祭り’14 ヒストリー ゴー アンド 五位堂号 05」に移ります。

ということで、次回をお楽しみに。それでは。