近鉄鉄道祭り’14 ヒストリー ゴー アンド 五位堂号 14

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’14 ヒストリー ゴー アンド 五位堂号」の第14回ですが、
イメージ 1
さて、私とたんば4号氏を含めたグループで、高安駅を目指して、五位堂駅に向かっておりました。
イメージ 2
これは、500T氏の乗る予定の「楽」号ですね。そのあとで、
イメージ 3
ん、何でしょうか、「Yui」と書いてあって、下には『神のみぞ知るセカイ』…。実はこれ、近鉄とコラボレーションしているという宣伝ですね。
イメージ 4
しかし、その画像は残念ながら、撮影しませんでした。それから考えてみると、アニメに向かっていますね。
イメージ 5
さて、列車内から撮影したのが、30000系のビスタカー通過シーンです。そして大阪上本町駅行急行に乗っている途中の河内国分駅で、
イメージ 6イメージ 7
伊勢方面に向かう「かぎろひ」さんが4両ブツ4で停車していたところをキャッチ。
イメージ 8
再び高安会場に戻ってきました。午前中とは違って、少し熱気が収まったという感じです。
イメージ 9
洗車体験の1400系1504編成は、明日の営業に向けて栄気を養います。この人は、昭和56年生まれとされているために、登場から今年で33年になるということです。
イメージ 10
休息車両はこちら。1506編成です。そして、少し休んでいたところに、ひっそりとある車両がいました。
イメージ 11
何でしょう…。この姿…。もしや…。
イメージ 12
その通りで、大阪線にもともと所属していた、2800系の異端編成2812編成と、2814編成のうち、
イメージ 13
片割れの2814編成でした。大阪線2連編成コンビが、昨年の夏以降、名古屋線に転属勤務を命じられており、なかなかこのような姿で見ることが少なくなりました。
かつては、
イメージ 14
この画像のように、ブツ6の急行にも運用されていました(このとき、私は2814編成を初撮影という記憶があります)。
しかしながら、名古屋線では、2610系、2800系LCカー、5200系などと組んでおります。
イメージ 15
続いては、またあの車両を…。まだ行列は続いておりました。そして、最後は、「あおぞらⅡ」さんの「あおぞら」ヘッドマークの展示ブースへ。
イメージ 16
その前に、アーバンライナープラスの珍幕、「天理臨」に使われる「天理駅行」です。改めて、こんな幕があったのですね。
イメージ 17
そして、会場撮影のラストは、この車両で〆ることになったわけです。しかし、物足りなさを感じた河内路ライナー氏は、翌2日の祭りにも行くと宣言して行ったのですが、どうなったのでしょうか。気になってしまいます(後でブログでも見よう…)。

そんな中、会場から追われるように出ると…、なんだかアイドルのようなお方に遭遇。しかも、河内路ライナー氏のお知り合いみたいな…。
次回「近鉄鉄道祭り’14 ヒストリー ゴー アンド 五位堂号 15」は最終回となります。河内路ライナー氏の知り合いの正体、そして、そのあと話についてです。
次回をお楽しみ。それでは。