お伊勢さん『駅マルシェ』と近鉄奈良線高架工事後の駅を歩く 01

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「祝! 10万人突破企画」として「お伊勢さん『駅マルシェ』と近鉄奈良線高架工事後の駅を歩く」をお送りします。なお、今回の記事から、画像加工をしないで画像を張っていきます。
イメージ 1
勤労感謝の日となった11月23日、私は地元駅ではなく、和泉市の中心駅和泉府中駅から、大坂の鶴橋駅を目指して出発したのですが、やってきてた関空・紀州路快速で行ったのではなく、日根野駅から出てきた223系0番の快速天王寺駅行。ところが、
イメージ 2
途中の鳳駅と、その次の三国ヶ丘駅で、大量の乗客が乗り込んだために、中はまるで通勤ラッシュ並の混雑に、カメラを向ける余裕もなくなり、最高時速100キロほどを出している車内で、もまれるような状況となりました。
イメージ 3
その中で、こんな一幕が…、三国ヶ丘駅到着時に朝の時間帯に帰ってきた日根野電車区所属の205系が通過。回送列車だったのですが、そのままのっそりと通過していきました。
確か、東海道本線で使用されていた車両が、出戻って(もともとは、阪和線所属だったようです)いたようです。
イメージ 4
まあ、ひどい目に合っていましたのですが、鶴橋駅には大阪駅で大和路快速になる221系の普通列車で、鶴橋駅にやってきました。ちなみに、地元駅からは200円差で、ここまで来たというわけです。
イメージ 5
鶴橋駅からは地上乗り場に向かうために、1641編成の大阪上本町駅行区間準急に乗り込みました。鶴橋駅を出発してすぐ、
イメージ 6
なんと5802編成の「ヒストリー」が鶴橋駅に吸い込まれて行きました。
イメージ 7
そして、会場に到着したのですが、本日の記事はここまでです。ということで、次回は「02」に入ります。それでは。