近鉄大阪線本年最後の撮影旅『かぎろひ&あおぞら2』を撮影する 02

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄大阪線本年最後の撮影旅『かぎろひ&あおぞら2』を撮影する」ですが、どうなったのかといいますと、
イメージ 1
鶴橋駅を出てから、私は大阪線の名張駅まで、1023列車の名張駅行急行に乗り込んで、突っ走ります。途中の停車駅は、布施駅、河内国分駅、五位堂駅という順番に停車していきます。
イメージ 2
布施駅に停車前に、卵焼きの伊勢志摩ライナー偶数編成が通過していきました。
イメージ 3
俊徳道駅で、大阪難波駅行特急(乙特急)が通過。22600系と22000系にビスタカーEXが足した編成で運転されておりました。
イメージ 4
俊徳道駅から一気に下って、近畿大学長瀬キャンパスの最寄駅長瀬駅を通過。
イメージ 5
弥刀駅を通過した時に、大阪上本町駅行普通が横切りましたが、ピントが合わなかったためか、ガラスのシミなどで、車番が見えないということになってしまいました。
イメージ 6
続いては、少しぶれがありますが、1430系1436編成と2800系で組んだ大阪上本町駅行急行が横を通り過ぎます。八尾駅を通り過ぎ、河内山本駅を通り過ぎて、
イメージ 7
高安駅で「かぎろひ&あおぞら2」を横目に通過(撮影しませんでした)。
イメージ 8
そのあとで、1430系1442編成と2610系か2800系で連結された大阪上本町駅行区間準急が通り過ぎて、列車は河内国分駅に向かいます。
イメージ 9
堅下駅で、大阪難波駅行特急(甲特急)のアーバンライナーを横目に急ぐのですが、そのまま、河内国分駅に到着。
イメージ 10
ここから、一気に山を抜けていきます。さて、列車は、河内国分駅を出て五位堂駅まで、県境越えとなります。
イメージ 11
大阪府内最後の駅、大阪教育大学前駅を通過します。ここで2610系2611編成の大阪上本町駅行区間準急の横をすり抜けて、新玉手山トンネルに入ります。
イメージ 12
で、ここで閑話休題。実は、この列車に初めて乗ったある親子がいました。お子さんは2、3歳ぐらいでしたが、見るたびに目を輝かせていたの印象的でした。
「あれ何?」
と聞かれて、「かくかくしかじか」と答えたりで、楽しいひと時を過ごすことができました。
そして、奈良県内に入り、
イメージ 13
車両ごとに、解説したりとかしてなごんでいたというのが本当のところです。
イメージ 14
そんなこんなで、二上駅を通過、同時に22600系単独の大阪上本町駅行特急(乙特急)が通過していく瞬間をとらえ。五位堂駅へラストスパート。
イメージ 15
五位堂駅に停車、そこで、親子は降りて、友人の待つ病院に(実は聞いたところ、お子さんが生まれたようなのです。おめでとうございます)。私は、そのまま終点の名張駅を目指して進みます。

ということで、次回「03」は、大和八木駅へと向かいます。次回をお楽しみに。