近鉄大阪線本年最後の撮影旅『かぎろひ&あおぞら2』を撮影する 05

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄大阪線本年最後の撮影旅『かぎろひ&あおぞら2』を撮影する」から、第5回をお届けします。
イメージ 1
さて、私を乗せた名張駅行急行は、奈良県から三重県に入り、終点の名張駅を目指して、走ります。
イメージ 2
大阪難波駅行特急(乙特急)が前方に現れると、終点名張駅です。実は、これは、大阪難波駅先発名古屋駅行特急(乙特急)の編成で12200系の位置が変わった形です。
イメージ 3
イメージ 9近鉄2430系の2441編成が先頭となったこの車両編成は、一旦名張駅に隣接する名張車庫に向かい、入れ替わりに普通の2両編成が入るという構造です。主に2両を主体とする2410系をはじめ、1220系日立インバーター系列、1420系三菱インバーター系列が、該当する運用です。かつては、1200系も担当していたようです。
イメージ 4
きましたね。1230系系列のボルスタレス使用の1252系に属する、1257編成がゆっくり入線します。
イメージ 5
伊勢中川駅行ですが、「中川」とソラリーには、書かれておりますね。
イメージ 7
宇治山田駅行特急(乙特急)が、到着した後、すぐに出発。しかし、普通はすぐに出発しません。なぜなら。
イメージ 6
先ほどの宇治山田駅行特急(乙特急)から13分隔てて、その特急を追う名古屋駅行特急(甲特急)が通過、停車ではなく通過でした。
イメージ 8
そして、車庫を行き来する2610系2624編成と2430系2441編成が、ゆっくり引き上げて行きましたが、その表示に注目すると、「大阪上本町駅行準急」が表示されておりました。営業列車なのでしょうか…、と疑いたくなりますね。その車両を見た後に、すぐに出発して隣駅の桔梗が丘駅に向かい。
イメージ 10
すぐ隣なので、わずか3分ほどで、
イメージ 11
桔梗が丘駅に到着。
ところが、そこに500T氏と、値切りジジイ氏が近くで撮影していたようなのですが、どこなのかまったくわからないために、難しいかったわけで、後で見てみると、大阪側を向いて撮影されていたようなのです。
イメージ 12
どうしようかと考えつつ、桔梗が丘駅に戻って、駅構内に戻り、どうしようか考えていき、青山町駅に向かうことを決めて、3デイの最東端の青山町駅に向かっていくことになりました。
イメージ 13
イメージ 14
しかし、それまで時間がありました。その間に、車両たちを撮影していきます。

ということで、次回「06」は、青山町駅まで向かうことになります。それでは。