近鉄大阪線本年最後の撮影旅『かぎろひ&あおぞら2』を撮影する 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄大阪線本年最後の撮影旅『かぎろひ&あおぞら2』を撮影する」の第9回です。

実は、先ほど書いていた原稿がクラッシュしてしまったため、原稿を打ち直します。
イメージ 1
私は、まだ青山町車庫で撮影を続けていました。さて、そのころ、ほかはどうだったのかといいますと、河内路ライナー氏は河内国分駅付近で撮影した後、大阪線内を行ったり来たりしていた可能性があります。一方で、500T氏と値切りジジイ氏の一行は、桔梗が丘駅付近で撮影していたようです。私は、
イメージ 2
反対側の方向に歩くことになりました。実は、あるお方から情報を頂いたからです。その前に、少しより道をしてある場所へ、そこは、
イメージ 3
8月23日の時も、
イメージ 4
9月13日の時も撮影した場所です。
実は、そこは墓地で、そこから見ると「あおぞら2」が隠れていることが分かります。
そこで反対側に回って、見ることになりました。青山町車庫とは異なり反対側は、畑が広がるのどかな場所でした。
イメージ 5そこを見ると、何かあるのが分かるでしょうか。上半分なのでわかりにくいかもしれません。
イメージ 9
で、矢印を出すとヘッドマークがついております。おそらく。
イメージ 10
こんな感じだったのでしょう。
イメージ 6
そこに、走ってきたのは、大阪難波駅行特急(乙特急)で、22000系4両が運用についておりました。そのあとを、追って、
イメージ 7
1424編成を先頭とした大阪上本町駅行急行がつづきます。
イメージ 8
続いては、下りですが、下りは12410系と22000系で組まれた鳥羽駅行特急(乙特急)が通過していくところでした。

というわけで、ここからは閑話休題に入ります。
実は、先ほどクラッシュしたために原稿が丸ごと喪失してしまいましたが、
イメージ 11
この車両についてです。この車両は、前まで言いましたが12200系の改装して出来上がったものですが、この色とは別に、
イメージ 12
このような色をした車両もいます。ただ、この2種類とも同じ車両から改装された車両です。
同じ車両だからこそですが、
イメージ 13
実は、この色は、20100系の「あおぞら」の復活色だったわけです。

ということで、次回は大台「10」に乗ります。それでは次回をお楽しみに、まだ、青山町駅で撮影することになりそうです。