続いては、最難関の12410系へ!

皆様おはようございます。本日の話題は3本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両計画の発表。2本目は「鉄タビ(臨時便)」から新企画、「時代を駆け抜けた名列車」という題名で、3本目は、「∟車両部(新近畿車両)」からタルゴについての続報(機関車編)をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。さて、近鉄特急専用車両ビスタカーの公開手続きは無事終了となりまして、次の車両の製作へと、動いております。
イメージ 1
製作する車両は12410系です。ただ、問題があります。モ12410とク12510型は何とか在来車両で制作が可能ですが、問題はサ12560型…(-_-;)。
レイアウト変更が必須条件となる車両という変な取り合わせであることが理由です(なんじゃそれ!)。

それだから、この次の12600系が一番作りやすいということになります。なぜか。それは、一番、流用しやすいということになってしまいます。

まあ、ということで、報告は以上となります。それでは。