近鉄特急専用車両21000系アーバンライナーとタルゴ3世の制作について。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄特急専用車両21000系アーバンライナーと、タルゴ3世について。
2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝」の第8回、15年も採用されなかった理由に迫るお話しです。

では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から始めます。特急専用車両21000系は、モ21400型の制作となったのですが。
イメージ 1
こういう形になりました。モ21300型と比べてみると、少し違いが分かるかもしれません(類似角度で撮影したので)。
イメージ 2
どうでしょうか、印象が少し異なりますよね。
ただ、車内販売準備室を設定しているので、その部分を再現したのですが、専用のドアを作るスペースがないことから、このような形になっております。
イメージ 3
これが分かりやすいでしょうか。窓が1枚ほど埋まっているのが分かります。

ということで、続いては、タルゴ3世ですが、こちらは、RDの流用で賄う車両とは別に、先頭車両の片方が客室という設備であることから、2等車の客室を流用する方法を取ります。完成は5月中旬を予定しております。

ということで、報告は以上となります。それでは。