近鉄特急専用車両21000系アーバンライナーとタルゴ3世の制作。

皆様こんばんわ。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、2本目は「鉄タビ」から「初春の吉野路(特急走行50周年)・大和路を走る列車たち」の第12回、橿原神宮前駅に戻るところからです。

実は、本日は社員に、アーバンライナーとその更新車両である「アーバンライナープラス」の画像撮影と実地調査をしてきたのですが、ふたを開けてみたらとんでもない事実にぶち当たりました。
イメージ 1
なんと、2両目となるモ21200型のドアがプラグイン型だったことこれに気づいておりませんでした。プラスを製作するときに参考になるのは間違いなく、これからの制作のヒントにもなる可能性を秘めているとのことです。ということで、報告は以上となります。それでは。