近鉄特急専用車両22000系、製作に光明が差すとはこのこと。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。と、その前に、実は、昨日11日実は「東日本大震災」発生から4年2か月という節目でした。改めて、お亡くなりになられた方にご冥福をお祈りします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄特急専用車両22000系ACEとタルゴ3世について、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「名列車列伝」の第10回で、「つばめ」号シリーズの最終回を予定しておりますが、「雑記」に代わる可能性もありますので、ご了承ください。

では早速、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、16000系と16010系については、製作を開始し初期登場車両の制作している段階で、本日は22000系ACEのお話しです。

現在、計画している段階ですが、なんとある社員がこんなものを見つけてきたと、報告がありました。
イメージ 1
なんと、現物を持参してきたようです(社長室で撮影)。

この中に、近鉄特急専用車両22000系ACEの作例が、載っていたことが明らかになってきました。
これをもとに、作成して行こうと考えております。
イメージ 2
どういう作品に仕上がっていくか楽しみですが、イメージ通りに行くかどうか…。ということで、続いてはタルゴ3世です。
イメージ 3
簡易電源車両はこのような形になりました。後は、パンタグラフなどのシステム面の形です。これをどうするのか気になりますよね。

ということで、報告は以上です。