名鉄線について、少し調べ物を…。

本日の話題の2本目は、「雑記」からです。

難解ダイヤとの格闘が続いております。そのダイヤの主というと、
イメージ 1
イメージ 2
最近、「赤いあん畜生」というニックネームがつけられている名鉄こと、名古屋鉄道です。実際に、種別自体が一定しないという珍騒動を起こす会社として、知られています。一度乗ってみたいと考えるのですが、このダイヤと現在格闘している理由は、
イメージ 3
製作している「近鉄線及び阪神山陽線列車種別表」と呼ばれるデーターの制作です。
イメージ 4
イメージ 5
現在は、特急から急行系統までを製作しているのですが、参照備考等は後から取り付けるということをやっております。

そのため、名鉄線内での名称を確定させることになるのですが、ここでえらいことが起こっております。
快速特急と「ミュースカイ」は名称が与えられて区別されておりますが、これが、快速特急スーパーライナー快速特急ミュースカイになっていたり、空港線特急が「セントレアスカイ」と名乗っていたり(名称は本当はない)、本線使用の特急が「シティ」を名乗ったりと、とんでもないことになっております。
また、快速急行は豊橋駅と岐阜駅を走破する本線系統を復活させたのですが、これによって急行が割を食ったように、岐阜駅と笠松駅間が普通列車の代行に回るという状態となるという珍事もありと様々な意味で、苦労が絶えません。
準急に至っては、これ以上の苦労が予想されているところです。果たして、これで大丈夫かなと心配な面もありますが、名鉄ファンの皆様どうでしょうか…。

名鉄ファンからのご意見をお待ちしております。それでは。